東京都の税金支払いにPayPay・LINEPayが対応!都税支払い対応サービスを還元率で比較

更新:2020年6月16日

QRコード読み取りで決済するPAYサービス

2020年6月1日から東京都の税金支払いに、スマートフォン決済アプリであるで「PayPay」と「LINEPay」の対応がスタート。東京都が発行する納付書の納税に対応しており、自宅でいつでも簡単に税金の支払いができるようになりました。

この記事では、東京都の税金支払いがスタートしたPayPay・LINEPayについて、メリット・注意点のほか、税金支払いに対応している他社電子マネーと還元率・利便性を比較し、お得な都税の支払い方法もご紹介します。

PayPayやLINEPayを使って都税納付がしたい方、お得な都税納付方法を探している、という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

東京都の税金支払いに「PayPay」「LINEPay」が新たに対応!

なんちゃらペイでスマホ決済

冒頭でもお話ししましたが、東京都の税金支払いに「PayPay」「LINEpay」2つのスマートフォン決済が利用可能に。自宅にいながら、簡単に税金が支払えます。

PayPayおよびLINEPayで納付可能な都税は以下の通りです。

POINT

PayPay・LINEPayで納付できる主な都税

  • 固定資産税・都市計画税(土地・家屋)(23区内)
  • 固定資産税(償却資産)(23区内)
  • 不動産取得税
  • 個人事業税
  • 自動車税種別割 等

自治体により、上記に加え、そのほかの税金支払いにも対応しているケースもあります。詳しくは、各自治体ホームページをご覧ください。

対象となるのは1枚あたり30万円までの納付書

なお、PayPay・LINEPayでの納付は、一枚あたりの合計金額が「30万円まで」の納付書(バーコード印字があるもの)が対象となります。

30万円は大きな金額ですので、一般的な個人の「税金」であればほとんどカバーできるでしょう。

お金をわざわざおろさずに、高額な支払いができるのは嬉しいですね。

PayPay、LINEPayが東京都の税金支払いに対応する「メリット」

笑顔でおすすめしてくる女性

PayPay・LINEPayで東京都の税金を支払うメリットは、以下の通りです。

POINT

PayPay、LINEPayが東京都の税金支払いに対応する「メリット」

  • 高額の支払いでも一括で支払いが可能
  • 家にいながら支払いが完結する
  • 税金支払いでもポイント付与が高還元率で受けられる

高額の支払いでも一括で支払いが可能

PayPayやLINEPayは、高額支払いであっても、一括での支払いが可能になります。

これまで税金支払いが可能だった電子マネー「nanaco」や「WAON」では、チャージ・利用上限額があるため、高額な税金の支払いは対応できないケースもありました。

従来の電子マネーで支払えない高額な税金支払いも可能に

例えば、WAONの場合チャージ限度額は最高5万円となっており、5万円を超える税金の支払いには対応できません。税金は、5万円以上の高額となるケースもあり、電子マネー払いを断念していた方もいるかと思います。

しかし、PayPayやLINEPayでは、上限金額が大きく、税金の支払いに困ることはほとんどないと言えるでしょう。請求金額によって納付方法を変える必要がなく、スムーズに都税の支払いが可能になりますよ。

家にいながら支払いが完結する

PayPay・LINEPayを使って都税の支払いができれば、自宅にいながらいつでも税金の支払いが完結します。納付のために外出する必要がなくなるだけでなく、納付期限ギリギリになり焦る心配もありません。

納付書が届いてすぐ、自宅で税金の支払いが完了できるため、忙しい毎日の負担を減らせますよ。スマホと納付書だけで、24時間いつでも簡単に都税の支払いが完了するのは嬉しいですね。

税金支払いでも最高3.0%もの高還元率でポイントが付与される

PayPayやLINEPayを使って税金支払いをすれば、ポイントが高還元率で得られます。

一般的な電子マネーで税金の納付をした場合、ポイント還元は0.5%程度がほとんど。税金の支払いにPayPayやLINEPayを使えば、最大3.0%もの還元率となりますので、非常にお得です。

ポイント付与に加え決済手数料が発生しない点もお得

ポイント還元だけならクレジットカードでも受けられますが、カード決済の場合は決済手数料が発生するのがデメリット。一方、スマホ決済なら決済手数料はゼロです。

お得に納税したい、節税したいという方は、PayPayやLINEPayといった「スマホ決済」を活用しましょう。

PayPay・LINEPay・nanaco・WAON、都税の支払いで一番お得な決済方法は?

QRコードを読み取って電子決済

ここでは、東京都税支払いに対応している電子マネー「PayPay」・「LINEPay」・「nanaco」・「WAON」を表にして比較してみました。

決済名称 PayPay LINEPay nanaco WAON
決済方法
チャージ残高支払い Visa LINE Payクレジットカード払い チャージ残高支払い
支払い上限金額 50万円(過去24時間) Visa LINE Payクレジットカードの上限金額 10万円 5万円
ポイント還元率 基本還元率0.5%
利用状況に応じて0.5%〜1.0%加算
基本還元率1.0%
ランクに応じて1.0~2.0%加算
チャージポイント還元0.5% チャージポイント還元0.5%
備考 ・都税支払いはPayPay残高支払いのみ対応
・登録可能クレジットカードは、Yahoo! JAPANカードのみ
・銀行口座でもチャージ可能
・ポイント還元を受けるならVisa LINE Payクレジットカード+チャージ&ペイの利用が必須
・ランクアップはLINEポイント獲得数が基準
・Visa LINE Payクレジットカードの3.0%還元は2021年4月末まで
・チャージはセブンカード・プラスのみ ・チャージ可能+ポイント還元が受けられるクレジットカードはイオンカードセレクトのみ

還元率・支払い可能金額ともにPayPay・LINEPayが優秀

各サービスは、支払い方法の違いはもちろん、支払い上限金額、還元率にも大きな違いがあるのがわかります。

また、従来税金の支払いが可能出会ったnanacoやWAONは還元があるとはいえ、チャージのポイント還元率は0.5%のみ。還元率だけではなく、支払い可能金額でも、PayPay・LINEPayの方が優秀なのは一目瞭然ですね。

還元率が上がりやすい!総合力なら人気のPayPayがおすすめ

PayPayは、キャッシュレス決済・スマホ決済の火付け役とも言える王道のスマホ決済。普及率も高く、その便利さから多くのお店で導入されており、シーンを選ばず使いやすいおすすめのスマホ決済です。

ポイント還元率は0.5%~1.5%となっていますが、基本還元率0.5%に加え、

・月50回以上の支払い(100円以上)+0.5%
・月間利用金額10万円以上+0.5%

の2つをクリアでそれぞれ0.5%加算され、還元率は1.5%まで上がります。還元された金額は、PayPayの決済に利用でき、無駄がありません。

最高1.5%還元が受けられる!汎用性・お得度ともにトップクラス

ただし、還元が受けられるのは「PayPay残高」「ヤフーカード」支払いのみですので、ご注意ください。

都税支払いをお得にしたいのであれば、使い勝手・還元率共に高評価で人気の「PayPay」がおすすめです。

とにかく還元率重視!という方ならLINEPayが最もお得!

税金支払い時のポイント還元率が最も高いのは、最大3.0%もの還元率を持つLINEPayです。都税といえば、高額なものも多く、還元率が高ければよく多くのポイントが獲得できます。

都税の支払いで、とにかく多くのポイント還元が受けたい!というポイント還元率重視の方は、LINEPayを検討してみましょう。

LINEPayのヘビーユーザー以外にはポイントが貯めにくい・使いづらい点に注意

ただし、最高ランクである3.0%還元率となるには、LINEのポイント会員ランクが「プラチナランク」になるのが必須。条件(半年間に5,000ポイント取得)は決してやさしくない上に、貯めたポイントはLINE関連のサービスにしか使えない点に注意が必要です。

LINEサービスのヘビーユーザー以外にとってはあまりメリットがないと言えるでしょう。LINEPayでの支払いは、LINEのヘビーユーザーにこそおすすめの都税支払い方法です。

東京都税金支払いにお得な「PayPay」「LINEPay」に最適なクレジットカード

ここでは、東京都税の支払いにお得な「PayPay」と「LINEPay」それぞれに最適なクレジットカードをご紹介します。

Yahoo! JAPANカード

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0〜3.0% 発行日数 1週間〜10日前後 

Yahoo! JAPANカードは、常時ポイント還元率1.0%でTポイントがたまる、利便性・お得度ともに高いコスパの良いクレジットカードです。

入会限定キャンペーン

Yahoo! JAPANカード新規入会&ご利用条件クリアで
期間固定Tポイント最大10,000円相当プレゼント!


年会費は永年無料で、コストゼロで持ち続けられます。

PayPayに残高チャージできる唯一のクレジットカード

PayPayの残高チャージに利用できるクレジットカードは、Yahoo! JAPANカードに限定されています。カード登録自体はVISA/MasterCardも対応していますが、残高チャージができません。

PayPayでの都税支払いは、PayPay残高からの支払いのみとなっているため、チャージは必須。お得かつ便利に都税の支払いがしたいのであれば、Yahoo!JAPANカードは外せませんね。

お得に都税支払いをしたいという方は、PayPayとYahoo! JAPANカードの活用でお得に納税をしましょう。

Visa LINE Payクレジットカード

Visa LINE Payクレジットカードは、LINEと三井住友カードの提携により発行されている、LINE公式のクレジットカードです。ポイント還元率は初年度3.0%(2021年4月31日まで)、次年度以降は1.0%以上と高還元率でLINEポイントが獲得できますよ。

LINEPayでお得に都税納付するなら高還元率のVisa LINE Payクレジットカードが必須

LINEPayによる都税の支払いで、ポイント還元を受けたいのであれば、Visa LINE Payクレジットカードは必須。Visa LINE Payクレジットカード+チャージ&ペイの利用で、都税の支払い額の1.0%~3.0%の還元が受けられます。

都税の支払いはもちろん、日常的にLINEの利用でお得にポイント還元が受けたいのであれば、Visa LINE Payクレジットカードは外せない1枚です。

PayPay、LINEPayを東京都の税金支払いに利用する注意点

PayPay・LINEPayを東京都の税金支払いに利用する際の注意点は以下の通りです。

POINT

PayPay・LINEPayを東京都の税金支払いに利用する注意点

  • 領収証の発行がされない
  • 納税証明書はすぐに発行できない
  • コンビニレジ等でのアプリ提示による支払いは非対応

領収証書の発行がされない

PayPay・LINEPayでの都税の支払いは、領収証書の発行ができません。領収証書が必要、という場合には、都税事務所・金融機関等の窓口、またはコンビニエンスストアにて、納税しましょう。

納税証明書はすぐに発行できない

納税証明書は、支払い後すぐに発行できません。支払い完了から、1週間~10日程度必要となることを覚えておきましょう。

なお、すぐに納税証明書が必要な場合には、窓口やコンビニエンスストアで、都税の支払いをしましょう。納税は、納付書が届いたら、早めに済ませておくのが良いですね。

コンビニレジ等でのアプリ提示による支払いは非対応

PayPay・LINEPayでの税金支払いは、納付書記載のバーコード読み取りによる支払いのみ。PayPayなら「スキャン」、LINEPayなら「請求書支払い」で、税金の支払いが可能です。

普段コンビニのレジや店頭でのお買い物で使う「アプリ提示による支払い」では納税できない点に、注意しておきましょう。

PayPay・LINEPayが東京都の税金の支払いに対応!ポイント還元でお得に税金を支払おう

2020年6月1日より、東京都の税金支払いに「PayPay」「LINEPay」が使えるようになりました。

店頭や窓口でのアプリ提示による支払いではなく、各アプリの「請求書払い(バーコード読み取り)」による納税が可能です。

納付書が届いたらその場ですぐに支払えるため、外出の手間・現金を取り扱う必要もなくなり、自宅にいながらいつでもスマートかつスピーディに都税の支払いができます。しかも、従来活用されてきたnanacoやWAONと比較しても利便性・還元率ともに優秀。

税金の支払いをお得にしたい!という方は、還元率の高いPayPayやLINEPayを活用したポイント還元を受け、お得に税金の納付をしましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内