仮想通貨をクレジットカードでも購入できる?カードを使うメリット・デメリット、おすすめのカードなどを解説

更新:2020年7月29日

ビットコイン、仮想通貨

仮想通貨の取引をよく行う、という方は、振込の手間なしにクレジットカードで購入できれば嬉しいですよね。

「Zaif」や「Coincheck」など一部の国内取引所でも以前は取り扱いのあった「クレジットカード決済」ですが、現在では原則、国内利用はできない取引所ばかりです。

今回は、仮想通貨をクレジットカードで購入できるところがあるのか、カード購入のメリットやデメリット、仮想通貨購入におすすめのクレジットカードなどを解説していきます。

仮想通貨をお得・便利にクレジットカードで決済したいという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

仮想通貨はクレジットカードでも購入できる!ただし国内取引所はNG

ノートPCとクレカ

結論から言うと、仮想通貨は購入できるところが「あります」。冒頭でお話しした通り、国内取引所は「クレジットカードの現金化」の問題があり現在は利用停止しています。

ですが、海外の一部仮想通貨取引所では今でもクレジットカードでの購入ができますので、どうしてもクレジットカードで手軽に仮想通貨を購入したい! と言う方は、海外の仮想通貨取引所を利用しましょう。

海外の仮想通貨取引所では購入できるところも!「バイナンス」などがおすすめ

業界最大手の「バイナンス」をはじめ、一例として、以下の海外取引所で購入ができます。

・バイナンス(Binance)
・My Ether Wallet(マイイーサウォレット)
・changelly

この中でもBinance(バイナンス)はクレジットカードを使って以下4種類の仮想通貨が購入できます。

・「ビットコイン(BTC)」
・「イーサリアム(ETH)」
・「ライトコイン(LTC)」
・「リップル(XRP)」

中にはカードでは1種類の仮想通貨しか購入できないところもありますので、選択肢が幅広いのは魅力ですね。ただし、クレジットカードの国際ブランドは「VISA」「MasterCard」限定です。ご注意ください。

仮想通貨をクレジットカードで購入するメリット

オーケーサインを出すスーツの男性

仮想通貨をカード払いするかどうかを決めるには「メリット」を知っておきたいですよね。

ここでは、仮想通貨をクレジットカードで購入するメリットを解説します。

POINT

仮想通貨をクレジットカードで購入するメリット

  • 家にいても、出先でもいつでも購入ができる
  • 後払いなので現金がすぐに用意できない時でもOK
  • ポイント還元が受けられてお得

1.家にいても、出先でもいつでも購入ができる

現金振り込みでの入金・購入しかできない仮想通貨取引所ですと、銀行振込ができない環境ではすぐに仮想通貨の購入ができません。

仮想通貨は長期で持つ場合にはそれほど気にしなくても良いかもしれませんが、短期で売買したい方にとっては「タイミング」が命。となると、自分の好きなタイミングでクレジットカード決済ができれば、非常に便利ですよね。

家にいても、出先であっても「好きなタイミング」で仮想通貨でクレジットカードの購入ができるというのは非常に大きなメリットです。

2.後払いなので現金がすぐに用意できない時でもOK

例えば、ボーナスがもうすぐ入るので資金の目処はたっているが、今支払える現金がない……という場合、現金主義の仮想通貨取引所では自分が購入したいだけの仮想通貨を取引することができず、残念な結果になってしまうことも。

クレジットカード決済を利用できれば、カードの支払いタイミングに合わせた「後払い」となりますので、すぐに現金が用意できなくてもOK。

資金がそれほど手元にないタイミングでも自由に取引をしたい時には、仮想通貨をクレジットカードで購入できると便利です。

3.ポイント還元が受けられてお得

仮想通貨をクレジットカードで決済すると、もちろん「ポイント還元」も受けられます。

ポイント還元率が高いクレジットカードで決済すれば、1.0%以上の還元を受けられることも。

ただし、クレジットカードでの仮想通貨購入時は手数料などが必要となるケースが多いので、総合的に見て現金よりもメリットがあるのか、という点は注意してみる必要があります。

ポイント還元が受けられても手数料が……という場合は、クレジットカードでしか購入できないタイミングに活用するなど、ほかのメリットがある場合のみ使うといった工夫をしましょう。

仮想通貨を購入する際におすすめのクレジットカード

ここでは、海外の仮想通貨取引所でクレジットカードを利用する際におすすめのクレジットカードをご紹介します。

対応している取引所が多い「VISA」、「MasterCard」ブランドのクレジットカードから1枚ずつ、それに加えてポイント還元率が高いものを1枚、合計3枚を見ていきましょう。

1.三井住友カード(クラシック)

三井住友カード(クラシック)

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
1,250円+税
還元率 0.4%~1.0% 発行日数 最短3営業日

三井住友カード(クラシック)は、老舗カードブランド「三井住友カード」から発行されているクレジットカード。VISAブランドのカードとして有名です。

年会費は条件さえ満たせば無料となりますので、実質無料です。

入会限定キャンペーン

新規ご入会&vpassスマホアプリログインでもれなく最大12,000円還元(ご利用金額の20%)!さらにセブン-イレブンでVISAタッチ決済利用で500円還元!またマイナポイントへのご登録・ご利用で最大5,000円相当のVポイントプレゼント!

ポイント還元率は0.5%〜と一般的な水準ですが、仮想通貨を含め利用できる加盟店数が多い「VISAブランド」。さらに、安心と信頼の銀行系カード、という魅力があります。

付帯保険のほか、カード会社独自のサービスも充実しており、汎用性の高いメインカードとしてもおすすめ。VISAカードを選ぶなら、まずは候補にしたい1枚です。

2.レックスカード(REX CARD)

レックスカード(REX CARD)

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.25% 発行日数 1週間~2週間程度

レックスカードは、ジャックスが発行する年会費無料のクレジットカード。MasterCardブランドがメインで、VISAブランドも選ぶことができます。

入会限定キャンペーン

新規入会キャンペーン!ご利用+ご登録で最大5,000円分のJデポプレゼント!

どこで利用しても業界最高水準の「ポイント還元率1.25%」が魅力。もちろん、仮想通貨の購入に利用してもポイント還元は受けられます。

ポイントは、カード利用金額から差し引きされる「Jデポ」がお得となっています。実質のキャッシュバックですね。

年会費無料ながら付帯保険もついており、コストパフォーマンス良好でシンプルなクレジットカードです。

3.dカード

dカード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%〜5.0% 発行日数 最短5営業日

dカードは、NTTドコモが発行する年会費無料のクレジットカード。VISA、MasterCardブランド両方に対応しており、どちらを選んでも使い勝手が良いのが魅力。

入会限定キャンペーン

新規ご入会&エントリー&ご利用条件クリアで、もれなく最大8,000円相当分プレゼント

ポイント還元率は1.0%と高水準で、それだけではなく貯められるポイントが汎用性の高い「共通ポイント」である「dポイント」という点も見逃せません。

仮想通貨の購入はもちろん、街のdポイント加盟店を利用すれば2.0%以上のポイント還元率で貯められることも。

今回ご紹介しているカードの中では、ポイントの「貯めやすさ・使いやすさ」を総合すると非常におすすめの1枚です。

ドコモ会員の方なら、ドコモ関連の優待も受けられて非常にお得。ポイントの貯めやすさ・使いやすさ重視で選ぶならぜひご検討ください。

仮想通貨はクレジットカードで購入するデメリットもある

首を傾げる女性

仮想通貨を購入する際は、クレジットカードが便利ですが、デメリットもあります。ここでは、仮想通貨をクレジットカードで購入するデメリットを解説します。

POINT

仮想通貨をクレジットカードで購入するデメリット

  • クレジットカードは手数料が購入になりがち
  • クレジットカードでの仮想通貨購入は売却・送金がすぐできない
  • 取引に使える国際ブランドが限定されている

1.クレジットカードは手数料が高額になりがち

クレジットカードで仮想通貨を購入する際は、現金で取引するのに比べ「手数料」が高くなるケースが多くあります。

例えば、現金なら「取引手数料」のみですむところを、クレジットカードを利用することで5%前後の「クレジットカード利用手数料」を別に支払う必要がある取引所も。

購入後の仮想通貨の伸び幅が十分にある、という場合はカード購入で手数料を支払う価値がありますが、購入後、すぐに激しく価値が下がってしまったような場合は、損が大きくなってしまいます。

仮想通貨をクレジットカードで購入する際は、手数料を支払ってでも購入するタイミングなのかを見極め、後悔のないようにしましょう。

2.クレジットカードでの仮想通貨購入は売却・送金がすぐできない

仮想通貨をクレジットカード購入した場合、クレジットカードの現金化を防ぐために、購入したばかりの仮想通貨を売却・送金することができません。多くの場合、1週間程度の期間をあける必要があります。

クレジットカードと仮想通貨を利用した犯罪を防ぐ目的ではありますが、購入後1週間以内に激しく値下がりをしたら……と考えると少し不安ですよね。

クレジットカードで仮想通貨を購入する際は、そういったリスクも背負っているということは覚えておきましょう。

3.取引に使える国際ブランドが限定されている

仮想通貨取引所によっては、取引に使える国際ブランドが限定されています。例えば、世界最大手の「バイナンス」は、VISA、もしくはMasterCardブランドのクレジットカードしか利用できません。

取引所によって使えるクレジットカードは異なりますので、どのブランドが使えるかは事前確認が必要です。ちなみに、VISA、MasterCardは利用できるケースが多いようですね。

仮想通貨はクレジットカードでも購入できる!ただし手数料に注意

国内の取引所では利用が停止されているクレジットカードでの「仮想通貨」購入ですが、以下の海外取引所では対応しています。

・バイナンス(Binance)
・My Ether Wallet(マイイーサウォレット)
・changelly

海外取引所ではクレジットカードでの仮想通貨購入ができますので、現金を持ち合わせていない場合や、すぐに振込ができない場合などは非常に重宝しますね。

ただし、取引の手数料が現金よりも高くなるといった「デメリット」もありますので、仮想通貨をクレジットカードで購入する際は、メリットだけではなくデメリットもしっかりと把握することが大切です。

クレジットカードの良さをうまく活かし、快適な仮想通貨取引を楽しんでくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内