はじめてでも分かるクレジットカードの作り方3通りを解説!

更新:2020年11月4日

クレジットカードの作り方

初めてクレジットカードを作るなら、最低限「カードを作る流れ」と「必要書類」は知っておきたいもの。事前知識の有無で、申し込みのスムーズさが左右されます。

今回は、クレジットカードの作り方や必要書類、特定条件下でのカード申し込みの注意点などを解説します。

これからクレジットカードを作ろうと考えている方、未成年や無職などの条件でもクレジットカードを作れるか不安な方は、参考にしてください。

クレジットカードの作り方は3通り

カードが発行されるまでの流れ

おおよそのクレジットカード作りの流れは、図で示した通り、以下の通りです。

・カード選び
・申し込み
・審査
・発行

クレジットカードの作り方は、主に3通りあります。

  1. インターネット申込み
  2. 店頭での申込み
  3. 郵送での申込み

インターネット申込み

インターネット申し込みは、最も簡単かつメリットが大きい作り方です。

POINT

インターネット申し込みの特徴

  • 家や職場など場所を選ばず申し込みができる
  • ネット限定キャンペーンがある
  • 他社カードとの比較がしやすい

簡単で最もメリットが大きい申し込み方法

インターネット申し込みのメリットは、その簡便さやキャンペーンの豪華さです。

さらに付け加えると、ネット上で申し込みをする際に、スマホやパソコンで気軽に他社カードも調べられるので、他社カードとの比較もじっくりしやすいという点もうれしいですね。

家にいながら申し込みが完結するのは、忙しい方、なかなか家を離れられない方にとってぴったりと言えるでしょう。ネット限定の豪華キャンペーンもよく実施されていますので、迷ったらこの方法が最もおすすめです。

店頭での申込み

店頭での申し込みは、インターネットでの申し込みに不安がある方、その場で流通系の仮カードを発行したい方に適した作り方。

デパートやショッピングモールなどでよく見かけるカードの申し込みブースで、クレジットカードを申し込みます。

POINT

店頭申し込みの特徴

  • その場で仮カードを発行してもらいやすい
  • ネット申し込みが苦手でも対応
  • 申し込んだ店舗でお得なキャンペーンを実施多数

今すぐ店頭で使える仮カードが欲しい方におすすめの作り方

店頭での申し込みは、ネット申し込みが苦手な方や、お店ですぐに使える仮カードが欲しい方にぴったりの作り方です。

仮カードは発行店舗でしか使えないことが多いため、その場で発行した仮カードを他のお店で利用することはできませんが、店頭での特典目当てで申し込むのであれば「あり」でしょう。実際のクレジットカード到着までには、ネット申し込みよりも時間がかかることが多くあります。

ネット申し込みが苦手な方には、こちらの方法をおすすめします。

郵送での申込み

郵送での申し込みを選択する方は最近では少なく、あまりおすすめしない作り方です。

POINT

郵送申し込みの特徴

  • 手書きで申し込みがしたい方向け
  • 申し込みからクレジットカード到着まで時間がかかる
  • 一部郵送でしか申し込めないカードがある

手書きでの書類申し込みにこだわりがある方向け

書類を郵送するクレジットカードの作り方は、手書きにこだわりのある方でなければメリットはほとんどありません。

申し込みからクレジットカードの受け取りまでに長い時間がかかるだけではなく、ネットや店頭なら受けられたはずの「キャンペーン」の恩恵を受けられない可能性もあるのです。

ただし、稀に郵送での申し込みでしか作れないクレジットカードがあります。そういったカードを申し込む際以外では、ネット申し込みがベストと言えるでしょう。

クレジットカードの申し込みに必要な書類

虫めがねで書類を確認するビジネスマン

クレジットカードを作るのに必要な書類は、主に以下の3点です。

  1. 本人確認書類
  2. 引き落とし口座情報
  3. 保護者の同意書

本人確認書類

クレジットカードの申し込みをする際は、申し込んだ人が「本人」であるかを確認するための書類が必要です。代表的なものとしては、

・パスポート(住所記載欄があるもの)
・運転免許証
・健康保険証
・住民票の写し
・マイナンバーカード

といったものが本人確認書類として利用できます。

2020年からは2種類が必要に

2019年までは、写真付きの本人確認書類を提出すれば本人確認書類は1点のみでOKでした。2020年からは本人確認が厳しくなり、「運転免許証」+「住民票の写し」など、2種類の書類が必要となります。

必要書類の組み合わせは複雑ですので、下記記事を参考にしてください。

引き落とし口座情報(口座番号と銀行印)

クレジットカードに申し込む際は、必ず引き落とし先の「銀行口座」が必要です。クレジットカードの利用分を引き落としできる銀行口座を持っていない場合は、申し込みすらできません。

金融機関名や口座番号、銀行印などをカード発行後に返送する場合もありますが、ネットバンキング対応の金融機関であれば、カード会社との連携で印鑑いらずで口座登録できるケースもあります。

保護者の同意書(未成年の場合)

未成年の場合は、原則として、クレジットカードを作っても良いという保護者の同意書が必要です。保護者の同意が得られない場合はカード発行ができませんので、覚えておきましょう。

クレジットカードの作り方の流れ

クレジットカードの作り方の流れ

ここでは、最もおすすめの「インターネット申し込み」でのクレジットカードの作り方について、手順を解説します。

POINT

クレジットカードの作り方手順

  • クレジットカードの申し込みページにアクセスする
  • 必要事項を入力して送信
  • 本人確認書類・口座情報のアップロード・登録
  • クレジットカード会社の審査
  • クレジットカードを受け取る

クレジットカードの申し込みページにアクセスする

まずは、申し込みたいクレジットカードの「申し込みページ」にアクセスします。

申し込みページにアクセスする際に経由するサイトによっては、キャンペーン内容が変わる可能性があります。特別キャンペーンなどを実施していることもありますので、よりお得なサイトを見極めてアクセスするのがおすすめです。

必要事項を入力して送信

ページの案内に従い、氏名や住所、生年月日、年収情報、勤続年数や家族構成など、必要事項を入力して送ります。

質問項目によってはすぐに分からないこともあるかと思いますが、ここではなるべくしっかりと記入することが大切。任意の項目であっても、できる限り必要事項を埋めて提出するようにしましょう。

本人確認書類・口座情報のアップロード・登録

インターネットで申し込みが完全に完結するタイプのクレジットカードでは、申し込み時に本人確認書類や口座情報をアップロードします。

クレジットカード会社の審査

必要な情報をクレジットカード会社に送った後は、審査結果を待ちます。インターネット申し込みの場合、アメリカン・エキスプレス・カードなど一部のクレジットカード会社やカードの種類によっては、数十秒で審査結果が表示されることもあります。

郵送での申し込みよりも、即時カード会社に情報が送られる分、スピーディな審査を期待できます。

クレジットカードを受け取る

無事に審査を通過した際は、クレジットカードを受け取りましょう。受け取りの際、本人確認が必要な場合もありますので、ご注意ください。

受け取った後は、後述する「クレジットカードが届いたときにするべきこと」をすみやかに実行してください。

はじめて作るクレジットカードにおすすめの3枚!

はじめてクレジットカードを作るのであれば、年会費は安めでハイスペックな、下記のような人気カードがおすすめです。

JCB CARD W

JCB CARD W / W plus L

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%~ 発行日数 最短3営業日

JCB CARD Wは、国内発の国際ブランド「JCB」が発行するお得なプロパーカード。

入会限定キャンペーン

新規ご入会とご利用条件クリアでいまなら最大14,500円分プレゼント! さらにApple Pay または Google Pay 利用で20%還元(最大5,000円)!新規入会限定ポイント4倍キャンペーン!入会後3ヶ月間のポイントが4倍!

日本を代表するJCBブランド発行のハイスペックカード

年会費無料にもかかわらず、常時還元率1.0%以上を誇る非常にお得なクレジットカードです。付帯保険もついており、安心です。

JCB独自の会員向け優待やサービスもたっぷり利用できるほか、しっかりと利用実績を積めば「ゴールドカード」や「プラチナカード」のインビテーションを狙えるのも大きな魅力。

自分のステータスともにクレジットカードを育てていきたい方におすすめの、一生付き合えるクレジットカードです。

三井住友カード

三井住友カード(クラシック)

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
1,250円+税
還元率 0.4%~1.0% 発行日数 最短3営業日

三井住友カードは、老舗カードブランド「三井住友カード」が発行するスタンダードなクレジットカード。

入会限定キャンペーン

新規ご入会&vpassスマホアプリログインでもれなく最大12,000円還元(ご利用金額の20%)!さらにセブン-イレブンでVISAタッチ決済利用で500円還元!またマイナポイントへのご登録・ご利用で最大5,000円相当のVポイントプレゼント!

銀行系の老舗カードブランド発行、安心と信頼の1枚

国際ブランドは世界トップシェアの「VISA」もしくは「マスターカード」から選べます。カード対応のお店であれば、ほとんどどこでも利用できますので、メインカードとしてもぴったりです。

年会費は、所定の条件さえ満たせば「実質無料」。初めて持つにもコストがかからず、気軽に持てるのがうれしいですね。

楽天カード

楽天カード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%〜4.0% 発行日数 最短3日

楽天カードは、楽天グループのカード会社から発行されているクレジットカード。

入会限定キャンペーン

楽天カード新規ご入会&ご利用条件クリアでもれなく5,000ポイントプレゼント!

常時1.0%で楽天ポイントが貯まるお得なクレジットカード

楽天カードの最大のメリットは、常時1.0%以上の還元率で、共通ポイントである「楽天ポイント」が貯められる点です。

楽天市場と言えば、誰もがしっているネットショッピングサイト。楽天市場で楽天カードを使えば、常時ポイント3倍。楽天市場で揃わないものはない、というほど充実したショッピングサイトですので、普段からネットでお買い物をする方にはぴったりです。

とにかくお得で使いやすいクレジットカードが欲しい方に、はじめてのカードとしておすすめの1枚です。

学生のクレジットカードの作り方

男女の学生三人

専門学校や大学、大学院などに通う「学生」でも、クレジットカード発行は可能です。むしろ、学生のうちにお目当てのカード会社のクレジットカードを作っておくのは賢い選択と言えるでしょう。

クレジットカード会社は学生や若者を優遇している

初めて作ったクレジットカードや、若いうちに作ったクレジットカードは長期で利用してもらえる可能性が高い……ということで、クレジットカード会社は将来の優良顧客になりうる「学生」を優遇しています。

はっきりいって、社会人になって収入が低い方よりも簡単にカードが作れる上、選べるカードのスペックも高いものが多くなっています。

学生が選ぶなら、おすすめは、

・学生専用カード
・流通系カード

のいずれかのジャンル。

学生専用カードか流通系カードがおすすめ

ちなみに、学生でも20歳以上であれば親権者の同意は不要です。学生ならクレジットカードはむしろ作りやすいため、若いうちにつくっておくのはおすすめです。

ぜひぴったりのクレジットカードを見つけ、申し込んでみましょう。もちろん、インターネット申し込みが可能です。

無職の方のクレジットカードの作り方

ノートPCを操作してクレカを見ている主婦

無職の方でも、多くの財産があったり、配偶者に収入があったりする場合にはクレジットカード発行が可能です。貯えも収入もない「完全な無職」だと難しいかもしれませんが、家族に収入があり、扶養されているケースは少なくないはずです。

家族に収入がある「扶養家族」なら無職でもカードを作れる

カード会社が気にしているのは「お金を借りた際に、返済できるだけの収入があるか」という点です。一切どこからもお金が入ってこない状態でのカード申し込みは、この条件を満たしていないためNG。

ですが、扶養されている家族であれば本人に収入がなくても、家庭単位では収入があるとみなされるため、カード発行は決して難しい話ではありません。実際に、主婦や無職でも使えるクレジットカードは多く存在します。

流通系クレジットカードなど、無職にも作りやすいカードを選ぼう

無職がクレジットカードを作るなら、楽天カードやイオンカードといった「流通系クレジットカード」がおすすめ。無職でも家族に収入があればお店を利用する方も多いので、そういった顧客層も柔軟に取り入れているのが特徴です。

作る際は、無謀な冒険をせず、無職でも作れる可能性のあるカードを選ぶようにしましょう。

未成年はクレジットカードを作れる?

学生ではない未成年

学生ではない未成年もクレジットカードに申し込むことは「可能」です。多くのクレジットカードが未成年からもカード申し込みを受け付けしています。ただし、未成年がクレジットカードを作るには、3つの条件があります。

未成年がクレジットカードを持つには条件がある

未成年がクレジットカードを持つには、以下の条件を満たしている必要があります。

  1. 18歳以上の方
  2. 高校生ではない
  3. 保護者の同意

18歳以上の方

未成年でクレジットカードを発行するのなら、まずは「18歳以上」という年齢制限を満たさなくてはいけません。

18歳未満でもどうしても留学などでクレジットカードが必要な場合は、非常に特殊なケースですが「家族カード」という選択肢があります。ただし、対応会社は限られておりますので、ご注意ください。

高校生ではない

18歳であっても、高校生は自分名義のクレジットカードを発行できません。クレジットカード会社の申し込み条件にも明記してある事がほとんどです。

保護者の同意

未成年の場合、自分自身に収入があったとしても、クレジットカードを作るには保護者の同意が必要です。同意が得られない場合は審査すら受けられませんので、必ず保護者に話を通しておくようにしましょう。

未成年なら若者向けクレジットカードが便利

未成年であれば、豊富な選択肢のあるクレジットカードの中でも「若者向けクレジットカード」がおすすめです。

若者は収入が低くても将来性があり、長く使ってくれる可能性が高いので、各社条件のよいクレジットカードを用意しています。

ある一定の年齢まで行くと、ステップアップしたクレジットカードに切り替えできるカードも多いため、初めてのカードとしてもおすすめです。

クレジットカードの申込時は記載ミスに注意!

申込時は記載ミスに注意

クレジットカードの申し込みの際に、特に注意したいのが「記載ミス」。審査落ちの利用として意外とよくあるのが、住所や氏名等の個人情報の間違いです。

入力内容と本人確認書類が異なれば、当然本人確認ができませんので、いくら審査スコアが良くても審査には通りません。

急いでクレジットカードを作りたいときにこそ、しっかりと記入内容を確認し、ミスの内容に注意しましょう。

クレジットカードが届いた時にすべきこと

クレジットカードを作るときには、カードが届いてからもやるべきことが2点あります。

POINT

カードが届いたときにするべきこと

  • 申し込んだ内容と間違いがないかチェック
  • クレジットカードの裏面に署名する

申し込んだ内容と間違いがないかチェック

クレジットカードが届いたときに真っ先にするべきことは、カード表面の名前や、送られてきたカードの種類など、申し込んだ内容と間違いがないかをチェックすることです。

間違いがある事は多くはありませんが、万が一ミスを見つけてしまった場合は、すぐにカード会社に連絡し、再発行してもらうようにしてください。

クレジットカードの裏面に署名する

氏名の表記などのミスがなく、きちんと申し込んだとおりのカードが届いたことを確認した後は、クレジットカードの裏面にサインペンなど消えないものでしっかりと署名をします。

署名なしの場合、不正利用された時でも補償が受けられないだけではなく、そもそも店頭でのカード利用はできないと決まっています。後回しにせず、すぐに署名しましょう。

まとめ|クレジットカードの作り方は難しくない

クレジットカードを作るのは難しいことではありません。以下の書類のみ準備しておけば、ネットからすぐに申し込みが可能です。

・引き落とし先の銀行口座情報
・本人確認書類

申込手順は今回ご紹介いたしましたが、基本的には「指示に従って必要事項・書類を送るだけ」で完結します。

申込内容の間違いに注意して、スマホで気軽に申し込もう

気軽に申し込みができてしまうだけに、つい申込内容のチェックを怠ってしまう方も。氏名や住所などが間違っていると、最悪の場合確認されずに審査に落とされてしまう可能性もありますので、ご注意ください。

最近ではスマホからでも申し込みや書類のアップロードが可能です。「カードがほしいな」と思ったタイミングで、ぜひ気軽に申し込んでみてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内