クレジットカード見直しのコツ3つ!ムダは減らしてお得を増やす

更新:2021年8月26日

クレジットカードと虫眼鏡とノートパソコン

クレジットカードは便利な反面、気軽に作りやすいもの。「無駄に持っている」という方や、「なんとなく作ったカードをそのままずっと使っている」という方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードは自分に合ったものに見直すだけで、日常のお買い物をよりお得・便利にできます。場合によっては年間数万円もお得になるケースも。

今回は、そんな「クレジットカードの見直し」についてまとめてみました。クレカを見直してよりお得にしたい方は、ぜひ参考にしてください。

クレジットカードの見直しは「カードを持つ目的」から考える

クレジットカードを持っている若い女性

クレジットカードを見直すときにまず考えたいのが、クレジットカードを「何のために持つ」のか、ということ。例えば、下記のような目的でカードを所有する方が多くいます。

POINT

クレジットカードを持つ目的

  • お得にお買い物を楽しみたい
  • 非日常の体験をしたい(優待・特典)
  • 付帯保険を活用したい
  • 特定の店舗やホテルで優待を受けたい
  • 支払いを簡単にしたい
  • 特定のポイントを効率よく貯めたい

どういった目的でクレジットカードを持つかがはっきりすれば、自分にぴったりのカード探しがしやすくなります。カードを見直す際は、ぜひ「目的」をはっきりさせてみてください。

クレジットカードを見直す際のポイント

ポイントを表現する女性

クレジットカードを見直す際は、以下のポイントに注目しましょう。

POINT

クレジットカードの見直しポイント

  • 年会費のかかるカードは年会費に見合うほど活用できているか確認
  • クレジットカードの持ちすぎはポイント獲得効率が悪い
  • 自分のライフスタイルに合っているカードか見極める

年会費のかかるカードは年会費に見合うほど活用できているか確認

すでに持っているクレジットカードを見直すときには、まずは「年会費」と「自分が活用できているサービス」とを比較し、しっかり活用できているかを確認します。

いくら良いサービスでも、活用しきれていなければ宝の持ち腐れ。年会費に見合ったサービスを活用できているのであればそのまま続けるのが良いですが、活用しきれていない場合は、年会費が安くてシンプルなカードに切り替えるのも良いでしょう。

クレジットカードの持ちすぎはポイント獲得効率が悪い

勧誘されるがままにクレジットカードを作り、気が付いたらたくさんのクレジットカードを持っている……という方は少なくありません。気分で使うクレジットカードを変えていると、ポイントが各カードに分散してしまい、獲得効率は悪くなります。

クレジットカードは、メインで使うカードを1枚、その他によく利用する店舗やホテルなどでお得なクレジットカードをサブカードとして2枚程度持っていれば十分です。たまにしか使わないカードは解約してしまいましょう。

自分のライフスタイルに合っているカードか見極める

クレジットカードを見直す際には、ぜひ、持っているクレジットカードが自分の「ライフスタイル」に合っているかを確認しましょう。

例えば、普段は店舗での買い物はせず、ネットショッピングがほとんど……という方のメインカードにぴったりなのは「楽天カード」のようなネットショッピング特化型のカードです。

ネットショッピングで全く恩恵を受けられないようなカードを持っていても、お得感はありません。今持っているのは自分のライフスタイルで十分に活用できるクレジットカードなのか、一度じっくり考えて見直してみてください。

クレジットカードを見直すメリット

メリットを表現する女性

クレジットカードを見直しするメリットは、4つあります。

POINT

クレジットカード見直しのメリット

  • 年会費が最小限で収まる
  • ポイントをメインカードに集中できる
  • カードの支払い管理がしやすくなる
  • 紛失・盗難リスクを減らせる

年会費が最小限で収まる

クレジットカードを見直して、必要なカードに絞ることで、自然と年会費が「本当に必要な分だけ」になります。今、使っていないクレジットカードに年会費を払い続けている方がいれば、これを機に見直してコストカットしてみてはいかがでしょうか。

ポイントをメインカードに集中できる

どのクレジットカードがメインカードかあやふやなまま、複数のクレジットカードを持っていると、ポイントが分散してしまい、かえって「損」です。しっかりとカード見直しを行い、メインカード・サブカードを上手に使い分け、ポイントを効率よく貯めましょう。

カードの支払い管理がしやすくなる

クレジットカードの枚数が多すぎると、カードの支払い管理が難しくなります。また、非今年日もバラバラですと、キャッシュフローが安定せず、いつ、いくら引き落とされるのかが把握しづらく、不便です。

カード見直しを行って枚数を減らせば、支払い管理がしやすくなります。不便を感じているのであれば、思い切って不要なカードを解約してしまいましょう。

紛失・盗難リスクを減らせる

自分で把握しきれないほどのクレジットカードを持っていると、いざ紛失や盗難がおきてしまっても「気が付かない」リスクが高くなります。

管理するカードの枚数が減れば、それだけ管理が簡単になり、紛失や盗難のリスクが減らせるだけではなく、不正利用時も気が付きやすくなります。せっかくクレジットカードを見直すのであれば、管理できる範囲に枚数を減らすのがおすすめです。

クレジットカードの見直しを検討するきっかけ

引っ越しをしようとしている家族

クレジットカードの見直しを検討するきっかけとしては、以下のようなシーンが多いといえます。

POINT

クレジットカード見直しのよくあるきっかけ

    ・結婚
    ・引っ越し
    ・趣味や活動の変化
    ・出産
    ・働き方の変化

大きくライフスタイルが変化するときが「カード見直し」のタイミング

クレジットカードを見直すきっかけとなるのは「ライフスタイル」が大きく変化するタイミングです。

クレジットカードは、日々の生活に欠かせない「決済手段」であるとともに、生活を豊かにしてくれるサービスも提供してくれるアイテムです。

大きな人生の節目には、ぜひライフスタイルの変化を見越したうえで「クレジットカードの見直し」をしてみることをおすすめします。

クレジットカードは「使い方」も見直しの対象

店頭でのクレジットカード支払い

クレジットカードそのものだけではなく、その「使い方」を見直すことも大切です。

POINT

クレジットカードの使い方を見直すポイント

  • 毎月の固定費はなるべく1つのクレジットカードにまとめる
  • 日常の買い物もなるべくクレジットカードで
  • カードの明細書をこまめにチェックする

毎月の固定費はなるべく1つのクレジットカードにまとめる

固定費は「毎月必ずかかる」もの。毎月の固定費を1枚のクレジットカードにまとめれば、効率よく、安定してポイントを貯められます。

例えば、年間の固定費が100万円だったとすると、ポイント還元率の良いカードでは1万円以上お得になることがあります。

毎月の固定費を分散するのは非常にもったいないので、ぜひ面倒でも1枚のカードに集約させましょう。

日常の買い物もなるべくクレジットカードで

日本では現金払いの文化が根付いていますが、はっきりいって現金払いは、

・現金を持ち歩く手間がかかる
・盗まれたら一切の保証なし
・ポイントが貯まらない

など、デメリットだらけです。ポイントを効率よく、お得に貯めるためにも、日常からなるべくクレジットカード払いを徹底しましょう。

カードの明細書をこまめにチェックする

クレジットカードは便利な反面、使いっぱなしでいくら使ったかわからなくなってしまう方もいます。そんな悩みを解決するのが「WEBで利用明細をこまめにチェックする」こと。

明細書を見れば、今月いくら使っているのかがすぐに分かるだけではなく、どこで使ったのかまでチェックできます。現金よりも、かえって管理しやすいかもしれません。

使い過ぎを防ぐためにも、家計簿代わりに利用明細書をこまめに確認するクセをつけましょう。それだけで、無駄遣いがぐっと減ります。カード活用の裏技ですね。

まとめ

クレジットカードはライフスタイルの変化に合わせて見直そう

クレジットカードはライフスタイルの変化に合わせて見直すのがおすすめです。

生活を便利にサポートし、ときには人生を豊かにするサービスを提供してくれる「クレジットカード」ですが、持っているだけでは宝の持ち腐れ。活用してこそ、その「魅力」が十分に発揮されるのです。

大きな人生の節目には、ぜひカードの見直しを行い、ライフスタイルにピッタリ合ったクレジットカードを賢く活用してくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内