他人のクレジットカードが落ちていたら、あなたならどうする?サイト利用者の行動をアンケート調査してみた

更新:2020年10月5日

落ちているクレジットカード

道を歩いていたら、地面にクレジットカードが落ちていた……。そんなとき、あなたならどうしますか?

とっさの判断でその人の良心が分かるシチュエーションについて、この度『クレジットカードおすすめガイド』がアンケート調査を実施しました。

匿名アンケートだからこそわかる、人間の本性……。気になる回答結果を見ていきましょう。

クレジットカードに関するアンケート 調査概要
実施:クレジットカードおすすめガイド 編集部
回答方法:Webサイト内フォームを利用したアンケート調査
回答者 :クレジットカード比較ガイドの訪問者(匿名回答)
調査日時:2020年08月06日〜2020年09月25日
回答者数:296件・複数回答可

※記事中で取り上げている性別・年齢・地域は匿名回答者の自己申告に基づきます。
 アンケート結果はWEBサイト利用者の意識調査であり、
 統計など個人の行動実態を伝える厳密なデータではない点、あらかじめご了承ください。

8割以上が「拾って交番に届ける」「持ち主を探す」

グラフ「他人のクレジットカードが落ちていました。あなたならどうする?」

他人のクレジットカードを拾ったときの対応について質問したところ、もっとも多かったのは「拾って交番などに届ける」(73.60%)。

次いで「拾って近くに持ち主がいないか探す」(12.30%)、「見て見ぬ振りをして通り過ぎる」(11.70%)となりました。

8割以上の人が、交番に届けるか持ち主を探すという、良心的な対応をすることが明らかに。
カードの裏に記載されているコールセンターに電話をかけるという、優しい人もいました。

自由回答欄には、以下のようなコメントが寄せられていました。

普通の事と思います(50代男性・和歌山)

落とし主の方が困っていると思い、直ぐに近くの交番へ届けてあげるべきだと私は思います。それが人としての常識だと思うので。見てみぬふりをするかたは何事に対してもみてみぬふりをする人間性だと私は思います(40代女性・大阪)

カードを落とした事があり親切な人に拾って頂きました。本当に助かったので悪いことには使いたくありません(30代女性・北海道)

なくしたら絶対に困るから、まず周りを見渡します。落とした人を見つけたら一緒に交番に行って渡します(20代男性・埼玉)

裏面に記載されているコールセンターに電話する(30代男性・東京)

日本では、落とした財布がそのままの状態で持ち主のところに戻ってくることが少なくないと言われています。誰も見ていないところでも正しく振る舞うべきだという、「お天道様が見ている」精神の現れなのかもしれません。

10人にひとりが「見て見ぬふりをする」

カメラや人目が気になるという声も

匿名アンケートでも優しくて親切な人が8割以上であることがわかりましたが、油断は禁物。

3番目に多かった「見て見ぬふりをする」は全体の11.70%、つまり10人にひとりは、クレジットカードが落ちていることに気づいてもそのまま通りすぎる可能性が高い、ということです。

どこで誰が見ているか分からないし、防犯カメラにも映っているでしょうから、不審と思われる動きは極力しない。自分の指紋を付けたくない。交番に届けるまでに何が起こるか分からないし、濡れ衣着せられて人生急変する事だってある(50代女性・岐阜)

面倒に巻き込まれたくないから(30代男性・神奈川)

さわらぬ神にたたりなし(40代男性・福岡)

数年ほど前、都営地下鉄大江戸線の某駅にて階段に落ちていましたが、知人の結婚式に参加する日ということもあり、急いでいたためスルーしてしまいました。その時の落とし主の方、申し訳ない……(30代男性・東京)

急いでいるときは、見て見ぬふりをしてしまうと思う。普段は、交番などに届けると思う。今まで拾ったことなし(40代女性・東京)

毎日忙しい人の場合、自分のことで精一杯になってしまうこともあるのかもしれません。時間に余裕があるときは、きちんと交番に届けるという人もちらほら。親切心が仇となった経験があるなど、回答者の個人的なトラウマも関係しているのでしょうか?

少し気になったのは、こちらのコメント。

使ってもバレそうだから使うことはないかな(40代女性・神奈川)

現金が落ちていたら迷わず使うけれど、クレジットカードはバレて捕まりそうなのでスルー……ということでしょうか。
自分のメリットしか考えていない人も、世の中にはたくさんいるものです。

296人中8人は他人のクレカを使う!?少数派だからと油断できない

「拾ってこっそり使う」(6件・1.70%)、「番号や有効期限などをメモする」(2件・0.60%)は少数派でした。

しかし296人中8人と考えると、それほど少ないとも思えないですよね。毎日道を行き交う人の数は何万人といる訳ですから、落としたクレジットカードが不届き者の目にとまる可能性は決して低いとは言えません。

ちなみに、「拾ってこっそり使う」という困った人たちがいたのは、以下の都府県です。

  • 京都府
  • 新潟県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 大阪府
  • 静岡県

また「番号や有効期限などをメモする」を選択した人は、以下の府県に在住とのこと。

  • 埼玉県
  • 京都府

上記のうち2名は、開き直った赤裸々な本音コメントも残してくれていました。

落とす方が悪いので番号と有効期限、名義やcvvを控えて通販などに使います(20代男性・埼玉)

死ぬこと以外はかすり傷逮捕上等!(40代男性・大阪)

居住地は自己申告なので本当に住んでいるのかどうかは不明ですが、同じ都府県にお住まいの皆さんは気を付けてください……!

今回のアンケートはサイト上で行った簡易的な意識調査なので、実際に他人のクレジットカードが落ちていた場合の対応とは必ずしも一致するとは限りません。アンケートだからと冗談で「不正利用する」と回答しただけで、実際には交番に届ける可能性もあります。というか、そうであって欲しいですね……。

悪人はゼロではない!クレカを落としたら、すぐにカード会社・警察へ連絡

今回のアンケート調査では、多くの方が優しくて良心的であることがわかりましたが、同時に悪用を考える人も2.3%はいることも判明しました。

実際に100人に2人が拾ったクレジットカードを使うとは限りませんが、悪用を考える人がゼロではない、ということは理解しておくべきでしょう。

もし大切なクレジットカードを落としてしまったら、

  • カード発行会社への電話連絡
  • 警察への紛失届け提出

が基本の対処法です。

反対に他人のクレジットカードを拾ったときは、上記の手続きを本人の代わりにしてあげるのが正解。

当たり前のことですが、他人のクレジットカードを勝手に使用するのはれっきとした犯罪なので、くれぐれも使わないようにしましょう!

その他のアンケート結果は下記にて公開していますので、ご興味のある方はのぞいてみてください。

外部リンク:他人のクレジットカードが落ちていました。あなたならどうする? – 投票/アンケート

クレジットカード・電子マネー等に関するアンケート調査にご協力ください!

今後も当サイトでは、様々なアンケート調査を実施してまいります。ぜひご協力ください!アンケート調査の結果は、今回の記事のように特集記事としてご紹介していきます。

現在もアンケートを実施中です。回答はこの記事の下 ↓ アンケートフォームからどうぞ。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内