首都高の料金所がクレジットカード払いに対応!ETCカードとどっちがお得?

更新:2020年8月7日

首都高速

関東圏在住の方なら一度は利用したことのある「首都高速」。2020年夏、首都高の料金所がクレジットカード払いに対応しましたね。

これまでと比較したメリットは何か、実際に使用する手順はどうかなど、首都高でクレジットカード払いを利用する際に気になる点をまとめてみました。

ETCを利用していない方、これから首都高でクレジットカード払いを利用しようと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

首都高の料金所でクレジットカード払いが可能に

クレジットカードの種類

冒頭でお伝えした通り、2020年7月27日より、首都高の料金所で「クレジットカード」の対応が始まりました。

対応国際ブランドは以下の6ブランドです。

POINT

首都高料金所での対応国際ブランド

  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナース
  • ディスカバー

領収書がすぐにほしい場合もキャッシュレスで決済が可能に

ETCカードの場合は明細書が後から反映されるため、領収書の発行をすぐに希望する場合は、今までETCゲートを利用することができませんでした。

それが、料金所でもクレジットカード払いに対応しますので、キャッシュレスで支払えるようになったのが大きなメリットと言えるでしょう。

長距離を運転する際も、現金残高の心配がないのは嬉しいですね。

首都高料金所でのクレジットカードの使用方法

首都高料金所

首都高料金所でのクレジットカードの使用方法は非常に簡単。

基本的には、現金と同じく「ETC/一般」レーンまたは「一般」レーンで、クレジットカードを料金所係員に渡すだけです。

サインや暗証番号は不要。サッと渡してサッと会計が済むのが魅力ですね。

首都高の利用料金クレジットカード払いとETCカード払いでお得度を比較

デメリットとメリットをあらわす女性

首都高の利用料金をクレジットカード払いとETCカード払いで比較すると、以下の表のようになります。

ETCの場合 現金の場合
車種区分 基本料金 東名⇔北西線
連続利用
基本料金 東名⇔北西線
連続利用
軽・二輪 280円~1,090円 280円~1,470円 1,090円 1,470円
普通車 300円~1,320円 300円~1,800円 1,320円 1,800円
中型車 310円~1,410円 310円~1,920円 1,410円 1,920円
大型車 400円~2,080円 400円~2,870円 2,080円 2,870円
特大車 460円~2,650円 460円~3,670円 2,650円 3,670円

基本的にはETCカードの方がお得

ETC車の基本料金は、0.1km毎の料金距離に応じて10円単位で加算されますが、現金の場合は全区間利用分を一度に請求されます。よって、短距離での利用の場合はETCカードを利用したほうが断然お得です。

最高額はクレジットカード・ETCカードともに同じ

最高額は、クレジットカード・ETCカードともに同じです。全線利用する場合はどちらでもお得度は変わらないと判断しても良いでしょう。

とはいえ、常に全線利用するようなシーンは考えにくいので、どちらかといえば「ETCカード」を使っておく方が間違いはないと言えます。

首都高のクレジットカード払いの活用シーン

自動車に乗り込む女性

首都高でのクレジットカード払いは、次のようなシーンで役立ちます。

  1. ETCカードを持っていない
  2. 出張や旅行で東京に来ている

ETCカード・車載機を持っていない

ETCカードを持っていない、もしくはETCの車載器をつけていない場合は料金所での支払いが基本ですよね。

今までは現金払いしかできませんでしたが、料金所でクレジットカードが使えるようになると、支払いがスマートに。より気軽に首都高を利用できるようになりますね。

出張や旅行で東京に来ている

出張や旅行で東京に来ている場合は、場合によっては領収書が必要になったり、レンタカーでETCカードが使えなかったりと、料金所を利用することが増えるでしょう。

そんな場合にも、現金払いではなくクレジットカード払いが可能なのは非常に便利です。手持ちの現金の心配をせず、キャッシュレスで簡単に支払えるのは出先での大きなメリット。

ぜひ、出張や旅行で首都高の料金所を利用する際はクレジットカード払いを活用しましょう。

首都高を日常的に使うならETCカードが便利!

2020年夏から利用開始した首都高での料金所「クレジットカード払い」。

これまでは料金所での支払いの際は、現金を準備する必要がありましたが、カード払いができればより便利になります。

とはいえ、やはりお得度や通行のスムーズさを考えると「ETCカード」の方がおすすめです。

料金所のクレジットカード払いは便利ではありますが、利用シーンとしては「ETCカードが使えない」場合のみ……となってしまうでしょう。

これまでと比較して首都高の料金所が使いやすくなった事実は変わりませんので、これから首都高で料金所を利用するシーンがあった場合は、ぜひ「クレジットカード払い」を活用してみてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内