クレジットカードや電子マネーでも領収書は発行できる?

更新:2019年12月10日

領収書と申告書

現金で支払いをした時には、「領収書ください」と伝えれば、領収書を発行してもらうことができますよね。

しかし、クレジットカードや、電子マネーで支払いをした場合、領収書はどうなるのか良いかわからない、という方もいるかと思います。

特に、個人事業主やフリーランスといった方々は、領収書は確定申告に必要となる大切な書類の一つ。領収書が必要な場合、クレジットカードや電子マネーで支払いをした際に発行できるのか気になるところですよね。

ここでは、クレジットカードや電子マネーを利用した際の領収書の発行について解説しています。クレジットカードや電子マネーでの支払いでも、領収書が欲しいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クレジットカードや後払い方式(ポストペイ型)電子マネー決済の場合、領収書発行は原則「行われない」

原則クレジットカードや後払い方式(ポストペイ型)電子マネーで支払いをした場合、領収書の発行はされません。

クレジット決済・ポストペイ型電子マネーの場合、購入者はまだ代金の支払いが行われていない状態、販売者は代金を受け取っていない状態となり、領収書の発行義務はありません。

領収書は「代金を受け取りました」という証拠になるもの。支払いが完了していない状態となるクレジットカードやポストペイ型電子マネーで支払いの際に、領収書の発行がされないのは、このためです。

とはいえ、中にはお店によって対応してくれるケースも多数あります。

クレジットカードやポストペイ型電子マネー決済による領収書の発行は販売側の判断によるもの、サービスとして行われるものなので、必ず発行してもらえるわけではありませんので、注意が必要です。

領収書が必要な場合は、お店に確認してみましょう。

また、クレジットカードや電子マネー決済で領収書を発行してもらえた場合、必ず「クレジットカードでの支払い」の旨が記載されます。厳密にいうと、この場合は表題が「領収書」となっていても、正式な領収書として認められないため、5万円以上のお買い物の場合でも、印紙は不要となります。

チャージ式電子マネーは現金と同じ扱いとなるため、領収書発行が可能

チャージ式電子マネーでの支払いは、現金を電子マネーに両替して支払いをしているのと同じ。その場で支払いが完了します。

そのため、チャージ式電子マネー(チャージ残高による支払い)の場合は、現金での支払いと同じ扱いとなるため、領収書を発行してもらうことができますよ。

チャージ式電子マネーのほか、デビットカードや即時引き落とし型の電子マネーによる支払いも同じ扱いとなります。

クレジットカード、電子マネーでの領収書発行に対応していなければレシートで代用しよう

ワンポイントを表現する女性

クレジットカードや電子マネーでの領収書発行に対応していないお店で買い物をし、領収書が必要という場合には、お店が発行するレシート(利用明細)でも代用が可能です。

レシートを領収書の代わりに使う場合には

・発行元の名称
・購入年月日
・購入した商品名やサービスの内容
・購入金額
・レシート受取人の名称

の情報が載っていれば代用できます。しかし、「クレジットカード会社が発行する利用明細書」は領収書の代わりにはなりませんので注意してくださいね。

クレジットカードや電子マネーでの領収書発行の注意点

クレジットカードを持って悩む女性

クレジットカードや電子マネー支払いをした際に領収書発行をする場合、いくつかの注意点があります。

経費で落とせなくなった、などのトラブルにならないよう、覚えておきましょう。

POINT

クレジットカードや電子マネーでの領収書発行の注意点

  • クレジットカード、電子マネーでの領収書発行は店に義務はない
  • どうしても発行して欲しければ現金で支払うのも一つの手段
  • 必ず領収書がないと確定申告できないわけではない

1.クレジットカード、電子マネーでの領収書発行は店に義務はない

先述した通り、クレジットカードや電子マネーによる支払いの場合、お店には領収書発行の義務がありません。

お店にお願いすれば発行してもらえるケースも多いですが、必ず領収書が発行してもらえる、というわけではありませんので、覚えておきましょう。

2.どうしても発行して欲しければ現金で支払うのも一つの手段

領収書の発行がしてらえないなかったら困る、レシートで代用するのが不安、などの理由でどうしても領収書が欲しい、という場合には、「現金払い」をするのも一つの手段です。

現金払いの場合、領収書の発行が義務付けられているため、必ず発行してもらえますよ。

3.必ず領収書がないと確定申告できないわけではない

個人事業主の方や、フリーランスの方の中には、領収書がないと確定申告ができない、と思っている方も多いかと思います。しかし、領収書がないと確定申告できないわけではありません。

食事なら金額や日付、その時いたメンバーや目的などの「メモ書き」、もしくはレシートでも代用できますので、どうしても領収書が手に入らない場合はこちらを使いましょう。

クレジットカードや電子マネーを活用した支払いで領収書の発行はできない。レシートで代用可能!

キャッシュレス決済の進む現代では、現金での支払いよりクレジットカードや電子マネーを活用した支払いをしたい、という方も多いですよね。

個人事業主の方やフリーランスといった職業の方にとって、領収書は大切な書類の一つ。ただし、「領収書がもらえないと確定申告ができない」というわけではありません。必要事項がしっかり記載されているレシートであれば、代用が可能ということは覚えておきましょう。

また、クレジットカードや電子マネー決済であっても、領収書がもらえない、というわけではありませんので、支払いの際にはお店に確認してみるのがおすすめです。

レシートや領収書をしっかり管理して、確定申告に備えてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内