法人ゴールドカード・ビジネスゴールドカードおすすめ7選!法人事業主・個人事業主別に厳選紹介

更新:2021年3月12日

企業の社内会議風景

法人や個人事業主でゴールドカードを作ろうと思うと、種類が多くどのカードなら自分の事業にぴったりなのか迷ってしまいますよね。今回は、法人事業主や個人事業主におすすめのゴールドカードを全部で7枚ご紹介します。

それぞれの特徴も解説しているので、これから法人ゴールドカード・ビジネスゴールドカードを作ろうと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

法人事業主におすすめの法人ゴールドカード3選!

法人事業主におすすめの法人ゴールドカードは、以下の3枚です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(法人代表者)

年会費
(初年度)
34,100円+税 年会費
(2年目)
34,100円+税
還元率 0.33%〜0.40% 発行日数 約1〜3週間

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(法人代表者)は、富裕層向けブランドとして知られるアメックスが発行する、法人代表者向けカード。

入会限定キャンペーン

アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードご入会キャンペーン!新規入会でもれなく初年度年会費無料(34,100円相当)!利用条件クリアでメンバーシップ・リワード30,000ポイント獲得可能!

法人代表者にふさわしいステータス性と充実のサポート

法人代表者にふさわしいステータス性と、充実のサポートを両立する「法人代表者」にふさわしい1枚です。

しかも、アメックスのビジネスカードは設立1年目の法人でも審査が柔軟という特徴がありますので、これからよりビジネスを加速していこう、という新しい会社でも申し込みしやすいのがメリット。特に、会食や接待の多い法人にぴったりです。

JCBゴールド法人カード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
11,000円+税
還元率 0.5%〜1.5% 発行日数 約2週間

JCBゴールド法人カードは、唯一の国内発国際ブランド「JCB」が発行する堅実でステータス性の高い1枚。

入会限定キャンペーン

新規ご入会でJCBギフトカードを最大30,000円分プレゼント!初年度年会費無料!

プラチナカード級の旅行保険・空港ラウンジ充実で出張に便利

ゴールドカードらしい特典は網羅しているJCB法人カードですが、中でもおすすめなのが「旅行保険」や「空港ラウンジ」といった出張に便利な特典が手厚いところです。

たとえば、海外旅行傷害保険最高1億円というのは「プラチナカード級」の内容。これがゴールドカードの年会費で付帯するのですから、非常にコスパが良いと言えます。出張が多い法人におすすめです。

三井住友ビジネスゴールドカード

年会費
(初年度)
11,000円+税 年会費
(2年目)
11,000円+税
還元率 0.454%〜0.975% 発行日数 約3週間

三井住友ビジネスゴールドカードは、銀行系カード会社「三井住友カード」が発行する、ゴールドカードらしい特典付帯の堅実な1枚。

入会限定キャンペーン

インターネット入会限定 新規入会&条件クリアでもれなく最大12,000円分のVJAギフトカードプレゼント!

銀行系ゴールドカードらしい手堅いサービスが付帯

銀行系ゴールドカードらしく、

・空港ラウンジサービス
・海外旅行傷害保険
・ビジネスサポートサービス
・福利厚生代行サービス(有料・割引あり)

等のビジネスに役立つ特典が付帯します。ビジネスパートナーとして、堅実なカードを求める方向けのカードです。

個人事業主におすすめのビジネスゴールドカード4選!

ここでは、個人事業主におすすめのビジネスゴールドカードを4枚ご紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(個人事業主)

年会費
(初年度)
13,200円+税 年会費
(2年目)
13,200円+税
還元率 0.33%〜0.40% 発行日数 最短15営業日

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(個人事業主)は、アメックスの個人事業主向けビジネスカード。スタンダードな1枚ながら、ゴールドカード級のサービス・ステータス性が魅力です。

他社のゴールドカード級のステータス・サービスを考えると良コスパ

年会費もゴールドカード級ではありますが、サービス内容やステータス性を加味すると、それでも「コストパフォーマンス良し」なカード。最初の1枚として発行し、ゴールドカードを目指すのもおすすめです。

ビジネス・ゴールド・カードも個人事業主にも対応

ちなみに、アメックスのビジネス・ゴールド・カードも個人事業主対応のカードがありますので、最初からゴールドカードを申し込みたい方は、そちらをご検討ください。

三井住友ビジネスカードfor Owners ゴールド

三井住友ビジネスカードfor Owners ゴールドは、銀行系カード会社「三井住友カード」が発行する個人事業主向けの1枚。

空港ラウンジやホテル優待サービス・保険など出張に便利なサービスが充実

国内の主要空港ラウンジが無料で利用できるほか、旅行保険が付帯するなど出張に便利なサービスがついています。さらに、VISAのゴールドカード向け特典も利用できるのが魅力。汎用性の高い便利なビジネスゴールドカードです。

オリコ 法人カード EX Gold for Biz

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
2,200円+税
還元率 0.45%〜0.50% 発行日数 申し込み後約1週間

オリコ 法人カード EX Gold for Bizは、ビジネスに便利な「格安ゴールドカード」。オリコが発行するコスパ最強の1枚です。

マスターカードなら格安なのにプラチナ級グルメ優待サービス付帯

国内の主要空港ラウンジが利用できるほか、国際ブランドに「マスターカード」を選べば、ビジネス向けの特典として「招待日和」が付帯。厳選レストランの食事代金が、所定のコースなら1名分無料になる破格の特典です。

格安ながらプラチナカード級のサービスが付帯する1枚です。

JCB CARD Biz ゴールド

JCB CARD Bizゴールドは、老舗カードブランド「JCB」が発行する個人事業主向けゴールドカード。年会費以上の付帯サービス内容が魅力です。

一般ゴールドカードよりもワンランク上のサービスでコスパ良好

年会費は一般ゴールドカードクラスのカードではありますが、特に「旅行傷害保険」、「ショッピング保険」といった付帯サービスの内容が「ワンランク上」なのが大きな魅力。

もちろん、グルメサービスや空港ラウンジサービス等も付帯します。同じ年会費帯でゴールドカードを持つなら、非常にコスパ良くおすすめです。

事業の支払いに法人ゴールドカードが最適な理由

ノートPCとゴールドカード

事業の支払いには法人ゴールドカードが最適。その理由は、以下の通りです。

POINT

  • 利用限度額が一般カードよりも大きい
  • 出張や会食などに活用できるサービスが充実
  • 年会費が高すぎずコストパフォーマンス良好
  • 事業が大きくなってきたらプラチナカードへのステップアップも狙える

利用限度額が一般カードよりも大きい

ある程度の事業規模になると、一般カードでは利用限度額が不足する場合があります。法人ゴールドカードは、利用限度額が一般カードよりも大きく、利用限度額に余裕があるため、大きな事業決済でも使いやすいと言えます。

出張や会食などに活用できるサービスが充実

法人ゴールドカードには、一般カードには付帯しない空港ラウンジや手厚い旅行傷害保険、グルメサービスなどが付帯します。中でも、ゴールドカード以上に付帯する「グルメサービス」は会食でのコスト削減に役立ち、有名店での食事をより気軽に利用できます。

出張や会食など、社外での活動が多い事業であればあるほど、法人ゴールドカードのサービスが役立ちます。

年会費が高すぎずコストパフォーマンス良好

法人向けステータスカードには「プラチナカード」もありますが、プラチナカードは一般的には年会費が数万円と高額です。一方、ゴールドカードなら1万円前後、リーズナブルなものは2,000円の格安年会費で持てます。

駆け出しの事業主や法人でも持ちやすい年会費でありながら、ステータスカードにふさわしいサービスが付帯する法人ゴールドカードは、まさに「ちょうどよいカード」です。

事業が大きくなってきたらプラチナカードへのステップアップも狙える

事業規模や利益にあわせてカードランクを上げていきたい方にも、法人ゴールドはおすすめです。法人ゴールドカードをしっかり使っていけば、次のステップとして同じカード会社のプラチナカードを狙いやすいのがメリット。法人ゴールドカードを利用した実績をもとに、インビテーションが期待できます。

まとめ

法人ゴールドカードはコスパとステータス性のいいとこどり

法人ゴールドカードは、コスパとステータス性を両立した、まさに「いいとこどり」のクレジットカード。一般カードの弱点をうまく補いながらも、手が届きやすい年会費なのが魅力です。

法人ゴールドカード・ビジネスゴールドカードの中でも特徴やサービス内容は様々。自分がどんな法人ゴールドカードが欲しいかを検討し、事業内容に適した1枚を活用してくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内