クレジットカードのキャッシング機能を使うメリット・デメリットを解説!利用手順もご紹介

更新:2020年10月5日

キャッシング

クレジットカードについてくる「キャッシング機能」について、使ったことがない、なんとなく怖いなど「よくわからない」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、意外と知られていないクレジットカードの「キャッシング機能」について、利用手順や利用できる場所、メリット・デメリットなど基礎知識を解説していきます。

クレジットカードのキャッシングへの理解を深め、必要な時に上手に活用できるようにしましょう。

クレジットカードの「キャッシング」とは?

キャッシング

クレジットカードのキャッシングとは、簡単に言うとクレジットカード会社からクレジットカードを利用して「現金を借りる」機能のことです。

通常、クレジットカードというと、レストランやショッピングの決済で利用する「ショッピング枠」のイメージが強いと思いますが、キャッシングは手元に現金がない時にも、コンビニATMなどで気軽にお金を借りることができるので、いざという時に役立ちます。

海外旅行先で現地通貨を引き出すことができる「海外キャッシング」を上手に活用して現金を多く持たずに都度借りて利用するという方もいるように、使い方さえ間違えなければとても便利な機能です。

キャッシング枠は「ショッピング枠」の一部

クレジットカードは、ショッピング枠とキャッシング枠が別に設定されていることが多く、「ショッピング枠30万円」、「キャッシング枠10万円」といったように利用限度額が審査やこちらの希望に応じて決定されます。

一見、ショッピング枠とキャッシング枠をフルに使うと合計で「40万円」借りる形になりそうですが、実はキャッシング枠はショッピング枠の一部として扱われることが多く、ショッピング枠を上限ギリギリまで利用していると、キャッシングは利用できなくなります。

具体的な数字を挙げると、ショッピング枠が30万円、キャッシング枠が10万円に対してショッピング枠を「25万円」使っていると、キャッシングはショッピング枠の上限30万円から利用額25万円を引いた「5万円」しか利用できないということです。

このことを知らないと、いざという時にキャッシングを利用できなくなってしまうこともありますので、注意してくださいね。

「カードローン」との違いは?

カードを発行し、そのカードを使ってお金を借りる方法として「カードローン」もありますが、見た目は似ていても内容が異なります。

キャッシングはクレジットカードの利用と同じで、基本的には「一括払い」を前提としたお金を借りる方法で、あくまでもメインは「ショッピング機能」なので、借りられる金額がカードローンよりも少なく、借り入れ専用のカードではありません。

一方、カードローンは「借入専用」のカードを発行し、借りたお金は基本的に「リボ払い」扱いになるほか、クレジットカードのキャッシングと比較して借りられる金額が多く設定されているなど、異なる点がありますので、間違えないようにしましょう。

クレジットカードのキャッシングを使うメリット・デメリット

キャッシング

クレジットカードのキャッシングはとても便利な機能ですが、メリットだけではなく、デメリットもあります。ここでは、キャッシングのメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

  1. キャッシングのメリット
  2. キャッシングのデメリット

キャッシングのメリット

MERIT

  • 審査不要で急に現金が必要になったときにすぐ借りられる
  • ATMなどを使って簡単にお金を返せる
  • 海外キャッシング利用でお得に現地通貨が引き出せる

1.審査不要で急に現金が必要になったときにすぐ借りられる

クレジットカードのキャッシング機能は、先にも解説したように、あらかじめキャッシング機能をつけておけば、必要な時にいつでも現金を借りることができます。

消費者金融のカードローンなども、事前にローンカードを持っていれば別ですが、お金を借りる予定もないのにカードローンに申し込んでおく方はまれですから、基本的にはそういったものも持っていないと考えると、キャッシング機能以上に気軽に、早く借りられるサービスはありません

例えば、旅行で海沿いの方へ海の幸などを食べに行ったとすると、そういった観光スポットではクレジットカードが使えないお店も少なくありません。そうなると、現金を持っていなければ、緊急で用意する必要が出てくると思いますが、そこであらためて審査を受けていては食事に間に合いませんよね。

そういった時にも、近くに対応ATMさえあればすぐに借りられるので便利です。

2.ATMなどを使って簡単にお金を借りて・返せる

クレジットカードのキャッシング機能の売りの一つが、コンビニATMなどを通じて「簡単に」お金が借りられるということです。

銀行ローンなどは、来店が必要になることも多く、対面で様々な手続きをしてからやっと借りられるということも少なくありませんが、キャッシングならそういった煩わしさは一切なく、借りたい時に限度額までは借りられます。

さらに、返済時も振り込みなども選択できますが、同じようにコンビニATMなどで気軽に返せるのも魅力です。

例えば、1日だけお金を借りたい時に、借りてすぐに翌日返済することだって可能です。
早く返せば返すほど、当たり前ですが日割りで金利手数料が計算されて安くなるので、場合によってはATMで手数料を払って銀行からお金を引き出すよりも安く済むことだってあります。

3.海外キャッシング利用でお得に現地通貨が引き出せる

クレジットカードのキャッシング機能として、「海外キャッシング」というものがあります。
海外キャッシングは、その名前通り旅行・出張先の海外のATMからクレジットカードでキャッシングをすることですが、実は現地で日本円を両替するより、キャッシングで現地通貨を引き出した方が、手数料が安く済むことが少なくありません。

例えば、10日間の海外旅行で、1日目に「200ドル」を日本円と交換して手に入れたとすると、現地での交換レートは3〜4%上乗せされることも多く、計算しやすく100円で1ドルのレートの時には、104円支払わないと1ドルもらえません。つまり、200ドルなら日本円が20,800円必要になるということです。

一方で、海外キャッシングは15%程度の金利に設定されていることも多いので、仮に15%とすると、10日間だけお金を借りて、帰国後にすぐ返したとすると、借りる期間は「10日」ですから、年利15%から計算すると、実際に借りた金額の0.41%程度の金利しかかかりません。

200ドルの0.41%は0.82ドル、日本円で82円ですから、総額でも20,082円しか支払わなくて良い計算です。

ドルと円を交換した時の10分の1程度まで余分な手数料が減りますので、非常にお得だと言えますね。海外キャッシングについてよく知らなかった方も、ぜひうまく活用して、お得な海外旅行を楽しんでくださいね。

キャッシングのデメリット

キャッシングのデメリットは、次のポイントが挙げられます。

DEMERIT

  • 長期で借りると金利手数料がかさんでしまう
  • ショッピング枠を圧迫してしまう
  • 支払いは「分割」不可

1.長期で借りると金利手数料がかさんでしまう

クレジットカードのキャッシングは、一般的に金利が高く設定されており、年利15%程度です。

この金利は短期でお金を借りることがメインの借入手段だからこそ、と言えますが、気軽に借りられるからといって、長期で借りる予定なのにキャッシングを利用してしまうと、最終的に支払う金利手数料が高額になってきてしまいます。

つまり、長期で借りるには向いていないので、金利手数料がかさんでしまうのが嫌な方は、長期で借りるのに適したローンなどを組む必要があります。

というよりも、キャッシングはキャッシング、ローンはローンで「適した使い方」というものがありますので、そこを間違えないようにしましょう。

2.ショッピング枠を圧迫してしまう

クレジットカードのキャッシング枠は、クレジットカードの「ショッピング枠」と利用可能額を共有しているので、キャッシングを使いすぎてしまうとショッピングで使おうとしてもカードが使えないということになりかねません。

もう少し具体的に解説すると、例えばショッピング枠が50万円あったとして、キャッシング枠が20万円だとすると、このキャッシング枠はショッピング枠の50万円に「含まれて」いるため、キャッシングで20万円使ってしまうと、ショッピング枠は20万円を引いた「30万円」しか使えなくなります。

このように、キャッシングは使いすぎるとショッピング枠を圧迫してしまうため、使い方を考えないといけません。

3.支払いは「分割」不可

キャッシングの支払い方法としては、翌月一括払い、もしくはリボ払いしかありません。

つまり、リボ払いの金額を調節して支払い回数を変えることはできても、はじめから「支払い回数」を決める「分割払い」は使えないということです。

分割払いのメリットは、支払い回数を好きな回数にできるだけではなく、ショッピング枠でいうと、1回目のお買い物で3回払い、次のお買い物は10回払いという具合に、借りた項目ごとに支払い回数をバラバラに設定できることと、分割払いは使えば使うほど毎月の支払い金額に上乗せされるので、「借りている」という意識がきちんと持てることです。

リボ払いは毎月の支払い金額を任意で決められるのがメリットですが、逆にいうと多めに使っても一定の支払額しか払わなくて済むので、ついつい借りている意識が薄れて使いすぎてしまうというところがデメリットですね。

支払い回数を多くする時に便利な「分割払い」が使えないのは少し困りますが、キャッシングはリボ払いと早期返済を上手に組み合わせて金利を抑えながら利用しましょう。

キャッシングはどこで利用できる?

キャッシングは気軽に現金を借りられる方法ですが、実際に借りるとなるとどこで借りられるのかご存知でしょうか。ここでは、キャッシングを利用する際にどこへ行けばいいのか、どんな利用法があるのかを解説します。

コンビニや銀行の「ATM」での利用が一般的

クレジットカードのキャッシング機能は、その場で現金を引き出したい場合は、コンビニに設置してあるATMや、銀行のATMで利用することができます。コンビニATMは、セブンイレブンやローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップなど大手のコンビニに設置してあるATMであれば基本的に利用可能です。

そのほか、三菱東京UFJ、ゆうちょ銀行などの大手銀行ATMでもキャッシングは可能で、詳しい利用方法は後述しますが、銀行口座からお金を引き出すように、「簡単に」お金が借りられます。

ネットキャッシングという方法も

現金を引き出すのではなく、ネットキャッシングという、自分の指定銀行口座にお金を振り込んでもらう方法もあります。

オリコカード、イオンカード、楽天カード、三菱UFJニコスなどをはじめとする大手のクレジットカード会社であればネットキャッシングに対応していることが多いので、手元に現金が欲しいのではなく、銀行口座に振り込んで欲しいときなどはネットキャッシングが便利です。

初めての方でも安心!キャッシングの利用手順

手順

キャッシングを利用してみたいけど手順がわからない、コンビニや銀行の店員に聞くのも気がひける、という方のために、キャッシングの具体的な利用手順を解説します。

基本的には、次の4つの手順でキャッシングを利用します。

PROCEDURE

4つの手順

  • ATMにカードを挿入、「引き出し」を選択
  • カード暗証番号の入力・返済方法を選択
  • 借り入れ金額を決める
  • ATMまたは引き落としで「返済」

1.ATMにカードを挿入、「引き出し」を選択

まず、銀行ATMやコンビニのATMにキャッシングを利用したいクレジットカードを挿入し、「クレジットカード」、「ご出金」、「その他」、「引き出し」などの項目が表示されます。
その中から、「引き出し」を選択します。

2.カード暗証番号の入力・返済方法を選択

クレジットカードを作る際に設定した4桁の暗証番号を入力し、続けて「一括返済」もしくは「リボ払い返済」を選択します。

返済方法はどちらでも良いですが、基本的には「一括返済」をおすすめします。というのは、一括返済でもキャッシングの場合は手数料がかかってきますが、リボ払いは分割になる分トータルで支払う手数料が増えてしまうからです。

また、リボ払いは毎月定額を返済するシステムになっているので、キャッシングの額が増えても支払いが一定、つまり見かけ上は増えないので、あまり「借金をしている」という意識を持たずにお金を借りてしまうこともあります。

借りた金額にもよりますが、リボ払いで手数料を支払い続けるのはもったいない、かつ借りすぎてしまう可能性があるので、可能な場合は「一括払い」にするといいでしょう。

3.借り入れ金額を決める

ATMの操作としては、最後に「借入金額」を決定します。
銀行から自分の預金を引き出すのとは異なり、お金を「借りる」ことになりますので、必要以上に借りないように気をつけて金額を設定しましょう。

借入金額を決めたら、あとは案内に従えば現金がATMから出てきますので、これでお金を借りる操作は完了です。

4.ATMまたは引き落としで「返済」

最後に、お金を借りたら「返済」が待っています。
キャッシングの利用は、お金を借りることだけではなく、返すところまでが一連の流れとして意識しましょう。

お金を返済するときは、次の2つの方法があります。

  1. ショッピング利用と同様に決められた引き落とし日に返済
  2. ATMを使って早期返済

1.ショッピング利用と同様に決められた引き落とし日に返済

ショッピング利用と同様に、決められた日引き落とし日に返済する場合は、特に必要な操作はありません。

キャッシングを利用した後、一括払い、もしくはリボ払いとして指定した金額に利息を上乗せした額が引き落とされます。

2.ATMを使って早期返済

キャッシングでリボ払いを選択した場合などでも、お金に余裕があるときに先取り返済(早期返済)することで利息の支払額を抑えることができます。

早期返済したい場合は、コンビニ、もしくは銀行のATMを利用します。返済する際は、早期返済するクレジットカードをATMに挿入し、「預け入れ」を選択します。

あとは、借入手順と同じように案内に従って操作し、最後に現金をATMに入れて返済します。

ダラダラとお金を返済しているよりも、利息が抑えられてすっきりしますので、キャッシングは早期返済を活用するのがおすすめです。

知っておくと便利!キャッシングの知識

計算方法

ここまでで、キャッシングについての基本的な情報をお伝えできたと思います。
キャッシングについてより理解を深められるよう、意外に知らない知識や「知っていると便利・使える」という豆知識を解説していきますね。

POINT

キャッシングの豆知識

  • キャッシング機能不要なら「0円」に設定しよう
  • 利息の計算方法とは?
  • クレジットカード現金化とは異なるので注意

1.キャッシング機能不要なら「0円」に設定しよう

クレジットカードをよく利用する方でも、キャッシング機能は一度も使ったことがない、これからも使わないという方も多いと思います。クレジットカードのキャッシング機能が不要な場合は、機能を外しておく、利用可能額を「0円」に設定しておくと安心です。

先述のとおり、キャッシングは不正利用された際にもカード会社から保障が受けられない場合がありますので、防犯の意味でもキャッシング枠を「0円」にすることは大きなメリットがあります。

また、利用中のクレジットカードには関係がありませんが、新たなクレジットカードの申し込み時にキャッシング枠を「0円」で申し込むと、キャッシングを全く利用しないという条件での審査になるため、審査に有利になります。

新しくクレジットカードを作る時に覚えておくといいですね。

2.利息の計算方法とは?

クレジットカードのキャッシングを利用した時、「年利何%」と表記をみても、借りていた期間に対してどの程度の利息がかかるのか分かりづらいですよね。

利息を計算したいときは、年利を「日割り」で計算すると分かりやすくなります。

具体的な計算方法としては、以下の通りです。

CHECK

利息=借りた金額(元金)×年利(金利)÷365日/年×借りた日数(返すまでの日数)

この計算方法で、「10万円」を「年利18%」で「35日」借りた場合の利息を計算すると、次のようになります。

CHECK

10万円×18%/年(0.18/年)÷365日/年×35日=1,726円(利息)

年利で表記されていると実際にかかる金額が分かりづらいと感じてしまうかもしれませんが、日数に換算して計算すれば簡単に利息を割り出すことができます。

自分がお金を借りたとき、どの程度の利息がかかっているか気になった際に計算してみてくださいね。

3.クレジットカード現金化とは異なるので注意

クレジットカードでお金を借りるというと、「クレジットカードの現金化」を思い浮かべてしまうかもしれませんが、キャッシングとクレジットカードの現金化は全く異なるものです。

キャッシングはクレジットカード会社から直接お金を借りる行為ですが、いわゆる「クレジットカードの現金化」と呼ばれる行為は、クレジットカードの「ショッピング枠」を使い、クレジットカード現金化業者から二束三文の商品を購入し、すぐに同じ業者に(見かけ上は)売り払うことで、売却分の現金を得るという方法です。

一括払いを選択したとしても、購入額と売却額の差額分は「損」をしてしまうので、実質的に高い利息を払ってお金を借りているのと変わりません。

キャッシングは合法的に現金を手にできる方法ですが、「クレジットカード現金化」にあたる行為はクレジットカード会社の規約違反になるため、絶対にやらないようにしましょう。

キャッシングが使いやすいおすすめクレジットカード3選

クレジットカードにもたくさんの種類があり、キャッシングが利用しやすいカード、利用しにくいカードも存在します。
ここでは、おすすめの「キャッシングに向いている」クレジットカードを3枚ご紹介します。
クレジットカードのキャッシングに興味がある方は、参考にしてくださいね。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 0.5%〜 発行日数 最短即日発行 

セゾンカードインターナショナル、通称セゾンカードは、年会費無料で株式会社クレディセゾンから発行されているクレジットカードです。

ショッピング利用はもちろん、キャッシングにも力をいれているクレジットカードで、コンビニや銀行のATMはもちろん、CREDIT SAISON ATMという専用ATMが西友やパルコなどの全国の店舗に設置してあるので、近くのコンビニにATMがない、といった場合も利用しやすくなっています。

インターネットから申し込む「オンラインキャッシング」にも1,000円単位で対応しており、平日は14:30までの手続きであれば指定口座へ「即時」振込が可能です。

また、海外では現地通貨でキャッシングができる「海外キャッシング機能」ももちろんついているので、海外旅行時の強い味方になります。
返済は一括、もしくはリボ払いから選べるので、状況に応じて上手に使い分るといいですね。

イオンカード

イオンカード(WAON一体型)

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 0.5%〜2.0% 発行日数 約2週間

イオンカードはイオングループから発行されている年会費無料のクレジットカードです。

イオンユーザーに嬉しいサービスが豊富で、ショッピング枠ならイオン利用でポイントが貯まりやすいのも特徴です。

入会限定キャンペーン

Web限定!新規ご入会者限定キャンペーン!新規ご入会で、もれなく1,500円相当分の電子マネーWAONプレゼント!またマイナポイントへのご登録・ご利用で最大7,000円相当のWAONプレゼント!

キャッシング機能も充実しており、「イオン銀行」と提携しているのでイオン銀行ATM利用なら「ATM利用手数料」が無料になります。
また、一般的なクレジットカードのキャッシング枠は数十万円が上限というものも多いですが、イオンカードのキャッシングサービスは、もちろんカード作成時の審査次第ですが、最高「300万円」まで無担保で借入れすることができます。

イオンカードは、ネットや電話からの依頼で最短即時振込に対応しているほか、返済方式も「一括払い」、「リボ払い」から選ぶこともできるので、現金で大きな買い物をすぐにしたいときなどにも役立つカードです。

エポスカード

エポスカード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 0.5〜5.0% 発行日数 最短即日発行

エポスカードは、百貨店「丸井グループ」のグループ会社である株式会社エポスカードから発行されている「年会費無料」のクレジットカードです。

入会限定キャンペーン

WEBからの新規ご入会で2,000円相当のエポスポイントorマルイ店舗で使えるクーポンをプレゼント!

ポイントサービスや優待なども魅力のエポスカードですが、キャッシング機能も「初めての方でも安心」の仕様になっています。

初めてキャッシングサービスを利用する方が不安になるのが「利息」だと思いますが、エポスカードははじめて利用する方なら最大で30日間、金利が「0円」で利用することができます。

クレジットカードのキャッシング機能は、提携している特定のATMでなら手数料無料になるところもありますが、エポスカードはコンビニや銀行のATMなど、いつでも・どこでもATM手数料が無料(※国内に限る)です。

気軽にキャッシングを利用してみたい、手数料をできるだけ払いたくないという方におすすめの1枚です。

まとめ|キャッシングは海外旅行でも活用できる!上手に付き合って賢く買い物しよう

クレジットカードのキャッシング機能は、その便利さや活用方法、利用方法をよく知らないからという理由で敬遠する方もいますが、上手に使えば簡単に・一時的にお金が借りられるとても便利なサービスです。

今回ご紹介した活用方法として、具体例に「海外利用」でのキャッシングを挙げましたが、現地通貨で引き出せるキャッシングサービスは、現地の両替所よりも安く現金を引き出せることもあり、使い方次第ではかなり「お得」にもなります。

今までイメージが湧かずあまりキャッシングを利用してこなかった方も、メリット・デメリットをしっかり理解した上で、ぜひ上手に活用してくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内