三菱UFJカード ゴールド

初年度年会費無料!次年度以降2,095円(税込)で使える格安ゴールドカード!旅行傷害保険やショッピング保険も付帯し、内容充実!

MUFGカード・ゴールド
国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
2,095円(税込)
還元率 0.40%〜0.495% 発行日数 最短1週間

三菱UFJカード ゴールドは、初年度年会費無料、次年度も楽Pay(リボサービス)の登録で年会費が1,047円(税込)に割引!家族カード1名無料、2枚目も年440円(税込)で年会費が安い!3つのボーナスポイントで、ポイントが貯めやすく、キャッシュバックやJALマイルにも交換OK!最高2,000万円の国内・海外旅行傷害保険、100万円のショッピング保険、乗継遅延保険も付帯で安心!

年会費初年度無料 初年度の年会費無料、次年度も「楽Pay」登録で、年会費を半額(1,047円(税込))に割引!格安で使えるゴールドカード!
旅行保険が付帯 最高2,000万円の国内・海外旅行傷害保険、最高100万円のショッピング保険、最高2万円の乗継遅延費用保険が付帯!
ラウンジ&マイル 国内主要空港とホノルル国際空港空港のラウンジが無料で利用OK!貯まったポイントはJALマイルにも交換可能!

三菱UFJカード ゴールド こんな人におススメ

  • 格安の年会費で、信頼の「ゴールドカード」が欲しい方に!
  • 家族にも安く、便利なゴールドカードを持たせたい!
  • ネット通販の利用が多く、還元率の大きなポイントプログラムを利用したい!
  • カードに、旅行傷害保険やショッピング保険が付いていて欲しい方に
  • 旅行が好き、空港ラウンジを無料で利用したいという方!
MUFGカード・ゴールド
入会限定キャンペーン

三菱UFJカード 新規ご入会者さま限定!10%還元!もれなくご利用金額の10%(最大5,000円)をキャッシュバック!

三菱UFJカード ゴールド|年会費や審査を徹底解説!空港ラウンジ利用も

三菱UFJカード ゴールドの特徴

現在ではクレジットカード会社各社で、「格安ゴールドカード」や「ヤングゴールドカード」という、年会費のリーズナブルなゴールドカードが発行されていますが、その先鞭をつけたのが三菱UFJニコスの三菱UFJカード ゴールドです。

税込2,000円台の年会費ながら、ゴールドカードとして最低限の特典を利用できるのが魅力で、さらに年会費優遇特典も付いています。そんな三菱UFJカード ゴールドの特徴について解説していきます。

年会費2,000円台の格安ゴールド!初年度は無料

三菱UFJカード ゴールドは、年会費2,095円(税込)という格安の年会費で持てるゴールドカードとして人気です。

しかも、ゴールドカードというステータスでありながら初年度の年会費が無料というのも特筆ポイントです。

さらにお得な年会費優遇特典もある

格安年会費であり、しかも初年度年会費無料というだけでもお得感の高い三菱UFJカード ゴールドですが、それにプラスしてさらに年会費がお得になる特典もあります。それが、登録型リボサービスの「楽Pay(らくペイ)」による年会費優遇サービスです。

「楽Pay」に登録後、「前年度年会費請求月から次の年会費請求月の前月」までの間に一度でもリボ払い手数料の発生する月があれば、年会費の半額が優遇されます。ちなみに年会費2,095円(税込)の三菱UFJカード ゴールドなら、1,047円(税込)まで優遇されます。

PICK UP

年会費優遇特典を利用するならリボ手数料を極力抑える意識も大事

事前登録ができる便利な「楽Pay」ですが、通常のリボ払いと同様でリボ手数料が発生しますので、積極的な利用はおすすめできません。
ただし、支払い時に2回・分割・ボーナス一括などの支払い方法を選べばそちらが優先されますので、できるだけリボ払いではない方法を選んだ方がベストです。
また、毎月の利用額を事前に設定した金額の範囲内に収まるようにすれば、実質的に1回払いと変わらない利用もできます。
年会費優遇特典を利用するにはリボ手数料を発生させる必要がありますが、その際は極力リボ手数料の負担を減らすように意識しましょう。

空港ラウンジサービスほか充実の補償も付帯

三菱UFJカード ゴールドには、国内空港ラウンジサービスが付帯するほか、最高2,000万円の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯します。

空港ラウンジサービスは、国際線利用時のみの付帯になりますが、ラウンジで待ち時間を有意義に過ごすことができるのは大いに魅力です。

また、付帯保険による安心の補償が付帯するので、万一のアクシデントにも備えられます。

空港ラウンジサービスの詳細

付帯保険の詳細

三菱UFJカード ゴールドは、こんな人におすすめ

三菱UFJカード ゴールドは、年会費の安いゴールドカードが欲しい人や、若者でも持ちやすいゴールドカードが欲しい人、手頃な旅行傷害保険の付帯するクレジットカードが欲しい人などにおすすめです。

年会費がリーズナブルな若者向けゴールドカードが欲しい人

ゴールドカードのイメージとしては、一般カードクラスのクレジットカードに比べて年会費が高めで、若者では所有しにくい印象がありますが、三菱UFJカード ゴールドは年会費が2,095円(税込)という格安ゴールドカードであり、しかも18歳から申し込むことができます。

「リーズナブルな年会費のゴールドカードが欲しい!」という人や、「10代でも申し込めるゴールドカードを探している」という人にはうってつけのゴールドカードです。

旅行傷害保険の付帯する手頃なゴールドカードを探している人

三菱UFJカード ゴールドには、最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯します。最高の補償額はゴールドカードとしては低めですが、「傷害治療費」や「疾病治療費」でも200万円の補償が付帯するなどまずまずの内容となっています。

旅行傷害保険の充実度が高いクレジットカードというとハイステータスなクレジットカードばかりが注目されがちですが、三菱UFJカード ゴールドのようにリーズナブルな年会費で比較的充実度の高い旅行傷害保険の付帯するカードもあります。

三菱UFJカード ゴールドのメリット

三菱UFJカード ゴールドには、

  • ボーナスポイントでポイントが貯まりやすい
  • MUFGカード会員向けの多彩な優待特典
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループの優遇あり

以上のようなメリットが挙げられます。

プレミアムスタープログラムやグローバルPLUSでポイントが貯まりやすい

三菱UFJカード ゴールドは、1,000円利用ごとに1ポイントを獲得できますが、1ポイントあたり最大5円相当の価値なので、基本的な還元率は0.5%(ベルメゾン・ポイントまたはビックポイント等への交換時)と平凡です。しかし、「プレミアムスタープログラム」や「グローバルPLUS」などでボーナスを獲得できます。

「プレミアムスタープログラム」と「グローバルPLUS」とは、

プレミアムスタープログラム ・年会費の支払い
・年間ショッピング額50万円以上
上記どちらかの条件を満たすと★が貯まり、
★が5つ貯まったら「ファイブスターメンバー」としてプレミアムBONUSを付与
グローバルPLUS 1年間のショッピング利用額に応じて翌年の獲得ポイントが優遇される

以上のようなサービス内容です。

使えば使うほどお得にポイントが貯まるので、より効率的にポイントを獲得できるのがメリットです。ただし、プレミアムスタープログラム・アニバーサリーポイントは、2022年3月10日請求付与分をもって終了するため、以降はボーナス獲得方法がグローバルPLUSのみになります。

実際に付与されるボーナスポイントなどの詳細は後述します。

ポイント還元率についての詳細

MUFGカード会員向けの優待特典で海外旅行が便利

三菱UFJカード ゴールドには、空港ラウンジサービスや旅行傷害保険にも、さまざまな特典が付帯します。

ツアーデスク 会員専用WEBサイトにて、各種ツアーやホテル・航空券等の検索&申込ができる
ツアーデスクから申し込むと、海外・国内パッケージツアーが最大5%OFF
ハローデスク 海外に設置されたサービス窓口にて、
現地スタッフがさまざまなサービスや問い合わせに日本語で対応
【インフォメーションサービス】
・都市案内、交通機関情報
・空港案内、出入国案内
・フライト、航空会社、営業所などの案内
・ホテルの紹介や案内
・ショッピングや免税店などの案内
・レストランの情報提供
・イベント等の情報提供など
【リザベーションサービス】
・ホテル、レストラン、レンタカー予約
・現地観光ツアーの案内
・航空座席のリコンファーム
・航空券の予約や手配
・観光やガイドの手配
・リムジン送迎手配
・イベント等のチケット手配
【エマージェンシーサービス】
・パスポート等の紛失や盗難時のサポート
・アクシデントやトラブル時のサポート
・日本語医師や医療施設の紹介
・緊急時のアテンド手配など
レンタカーサービス 国内外のレンタカー会社で優待を受けられる
【国内レンタカー】
・トヨタレンタカー
・ニッポンレンタカー
・日産レンタカー
・オリックスレンタカー
・MMCレンタカー
【海外レンタカー】
・ハーツレンタカー
・エイビスレンタカー
・バジェットレンタカー
・アラモレンタカー
・ダラーレンタカー
海外おみやげ
宅配サービス
海外旅行出発前に注文しておくだけで、帰国後に自宅までおみやげが宅配されるサービス
スーツケース
レンタルサービス
リモワ、サムソナイト、プロテカなどの高級ブランドスーツケースを優待価格でレンタルできる
海外Wi-Fiルーター
レンタルサービス
海外で利用可能なWi-Fiルーターを優待価格でレンタルできる
三菱UFJニコス
ギフトカード
スーパーやデパートなどで利用できる三菱UFJニコスギフトカードを購入できる。贈りものなどに便利
チケットサービス MUFGカード会員だけのお得なチケットサービス
優待割引公演や特典付公演などのお得情報もあり
ゴルフデスク 全国約1,000カ所のゴルフ場予約を手数料無料で代行してくれる
ファイナンシャルプランナー
無料保険相談サービス
ファイナンシャルプランナーやライフコンサルタントなどの専門家から、
保険を中心とした家計のアドバイスを受けられる

基本的には一般カードと共通の特典となりますが、プライベートや旅行などさまざまなシーンで活用できる特典が満載です。

三菱UFJフィナンシャル・グループの金融取引サービスで優遇あり

三菱UFJカード ゴールドは、三菱UFJニコスの発行するクレジットカードなので、同グループの三菱UFJフィナンシャル・グループ各社の提供するサービスでも優遇を受けられます。

三菱UFJ銀行を
支払口座に指定している場合
・スーパー普通預金(メインバンク プラス)を利用している
・支払口座として指定しており月内に一度でも利用代金や年会費の引き落としがある
・三菱UFJダイレクトの利用がある
・メインバンク プラス ポイントサービスの申込を行っている
以上の条件を満たしていれば毎月10Pontaポイントを付与
住宅ローン金利優遇 窓口でカードを提示すると住宅ローンの新規借入金利を優遇
グローバルポイント 三菱UFJ信託ダイレクトの会員登録でグローバルポイントを100ポイントプレゼント
外貨キャッシュ
購入レート優遇
ワールドカレンシーショップ店頭にて対象13通過のキャッシュ購入でレートを優遇
不動産売買取引で
グローバルポイント
三菱UFJ不動産販売に不動産売買の仲介を依頼し、
所定の条件を満たせばグローバルポイントをプレゼント
株主優待一覧 三菱UFJモルガンスタンレー証券に新規証券取引の相談をし、
窓口でカードを提示すると株主優待一覧を記念品としてプレゼント

グループ企業だからこその多彩な優待特典です。特に、上図に記載した「住宅ローン金利優遇」から下の特典については、三菱UFJカード ゴールド以上のステータスでなければ利用できないレアな優待です。

三菱UFJカード ゴールドのデメリット

三菱UFJカード ゴールドのデメリットは、

  • ゴールドカードとしては特典内容がイマイチ
  • ポイントの基本還元率が低い

以上の2点です。

ゴールドカードとしては付帯特典の内容がイマイチ

三菱UFJカード ゴールドカードに付帯する特典のうち、ゴールドカードらしい特典といえば空港ラウンジサービスくらいしかありません。旅行関連やゴルフデスクなどの優待が付帯しますが、すべて一般カードとの共通の特典です。

また、空港ラウンジサービスにしても国際線利用時に限られる上、対象空港も国内6空港+ハワイの計7空港のラウンジしか利用できません。さらに、旅行傷害保険も比較的充実度が高いものの、ゴールドカードというステータスからみれば物足りなさは否めません。

格安ゴールドカードという点を含めて考えれば致し方ない部分ではありますが、ハイステータスなゴールドカードに付帯されているようなラグジュアリーなサービスは期待できません。

ポイントの基本還元率が低い

三菱UFJカード ゴールドの基本還元率は0.5%です。しかも、貯めたポイントの交換先によってはさらに低還元率になってしまうのがデメリットです。

加えて、2022年からはボーナスポイントなどの改悪もあるため、実質的な獲得ポイントが少なくなってしまうのも残念なところです。

ポイント還元率やボーナスポイントなどの改悪点については後ほど詳しく解説します。

ポイント還元率についての詳細

三菱UFJカード ゴールドの評判

三菱UFJカード ゴールドを実際に使用しているユーザーの評判としては、

良い口コミ イマイチな口コミ
・10代から持てる格安ゴールドカード
・ポイントの交換先が多い
・重厚感を感じるカードフェイス
・あまりポイントが貯まらない
・利用できる空港ラウンジが少ない
・ゴールドカード本来の機能がない

以上のような意見が散見できます。

10代から持てる数少ないゴールドカード

ユーザーの評価から判断すると、三菱UFJカード ゴールドの最大の魅力は、格安年会費で持てるゴールドカードであることと、10代(18歳以上)からでも持てるゴールドカードという点です。

付帯特典に関してはあまり期待することはできず、「ゴールドカードとしての機能はない」・「ゴールドカードとしての扱いが感じられない」という厳しい意見もあるほど、ハイステータスなゴールドカードには見劣りしてしまう内容です。

とはいうものの、それはあくまでも「ハイステータスなゴールドカードと比べれば……」という前提があってのことです。実際、利用価値の高い優待サービスも少なくありませんので、そこに価値を見出せるのであればぜひ入会を検討してみましょう。

三菱UFJカード ゴールドの審査

三菱UFJカード ゴールドの気になる審査難易度ですが、格安ゴールドカードということもあり通常のゴールドカードに比べると審査には柔軟性があります。

決して甘い審査が行われるというわけではありませんのでそこは注意が必要ですが、一般カードレベルの審査に通過できる程度の属性であれば比較的審査通過率も高めです。

若者向けのゴールドカードなので審査難易度は低めの傾向

MUFGカードは銀行系のクレジットカードだと紹介されることも多いです。これは、グループ企業に三菱UFJ銀行があること、また前身のUFJカードが旧東海銀行や旧三和銀行系のカード会社が発行するクレジットカードであったためです。

ですがその後、信販大手の日本信販に吸収され、さらにDCカードを取り込むなどの歴史を経て現在の三菱UFJニコスへと変化してきました。カードの名称こそメガバンクのグループ名を冠していますが、そうした経緯からみると銀行系よりはむしろ信販系としての色が濃く出ています。

いずれにせよ、銀行系でも信販系でも、結局のところはスーパーやデパート系列でお得な流通系クレジットカードなどに比べると審査難易度が高めであることは変わりませんので、その点からみれば三菱UFJカード ゴールドの審査難易度は高そうな印象を受けてしまいます。

しかし、三菱UFJカード ゴールドは格安年会費で持てるゴールドカードであり、18歳以上から申し込むことができる若者向けのゴールドカードであることから考えて、明らかに審査難易度は低めだとわかります。そして、そもそもMUFGカード自体が若者を積極的に取り込もうとしている傾向があるので、「それほど高い審査難易度は設定されていない」と考えて差し支えありません。

信用情報に問題がなければ通過率は高め

実際、ゴールドカードともなると、20歳以上からしか申し込めないケースがほとんどですし、中には27歳以上や30歳以上でなければ発行されないタイプもあります。それらに比べれば三菱UFJカード ゴールドの入会基準は明らかに門戸が広いです。

少なくとも、一般カードクラスの審査に余裕で通過できるだけの属性があれば高い確率で審査通過が期待できます。

三菱UFJカード ゴールドの還元率

三菱UFJカード ゴールドのポイント還元率は0.5%と非常に平凡で、決して高還元率なカードではありませんが、「アニバーサリーポイント」や「グローバルPLUS」、オンラインモールの「POINT名人.com」などを上手に生かせば、還元率アップが可能です。

1,000円ごとに1ポイント付与で基本還元率は0.5%

三菱UFJカード ゴールドは、カード利用1,000円ごとに1ポイントを獲得できます。1ポイントの価値は最大5円なので、還元率は0.5%になります。高還元率というわけではありませんが、還元率としては至極平凡な値で、可もなく不可もなしといったところです。

アニバーサリーポイントは還元率1.5倍の0.75%

三菱UFJカード ゴールドでは、入会時に記念月(アニバーサリー月)を設定できます。この記念月にショッピングしたポイントはすべて1.5倍のポイントを獲得できるため、還元率0.75%にアップします。

PICK UP

アニバーサリーポイントは2022年3月で終了

指定した記念月のポイント還元率が1.5倍にアップするアニバーサリーポイントは、2022年3月10日請求付与分をもって終了します。

年間のカード利用額に応じて還元率がアップするグローバルPLUS

グローバルPLUSは、1年間のカード利用額に応じて翌年の獲得ポイントが優遇されるプログラムです。

内訳は以下のとおりです。

年間利用額50万円以上100万円未満 翌1年間は基本ポイントの20%分を加算
年間利用額100万円以上 翌1年間は基本ポイントの50%分を加算

つまり、前年に50万円以上のカード利用があった場合、翌1年間は0.6%、年間100万円以上のカード利用があれば、0.75%の還元率で利用できる計算です。

2022年4月請求付与分よりグローバルPLUSの内容が改定

ただし、2022年4月請求付与分より、グローバルPLUSの内容が変更になります。これまで年間のカード利用額に応じて翌年の還元率がアップするシステムでしたが、改定によって月間のカード利用額に応じて当月の還元率がアップするシステムに変わります。

月間3万円以上10万円未満 当月の還元率に基本ポイントの20%を加算
月間10万円以上 当月の還元率に基本ポイントの50%を加算

2022年4月請求付与分からは、毎月還元率アップのチャンスです。毎月10万円以上の利用を継続すれば、ずっと0.75%の還元率で利用できます。

とはいうものの、現行のシステムよりもボーナス分加算の条件が厳しくなってしまい、こちらも実質的な改悪です。

ネットショッピングが好きならPOINT名人.comがお得

三菱UFJニコスの運営するオンラインモール「POINT名人.com」を経由すると還元率が2倍以上(1.0%以上)にアップしますので、お得にネットショッピングを楽しめます。

楽天市場やYahoo!ショッピングなど定番の通販サイトも利用できるので、ネットショッピングのヘビーユーザーなら積極的に活用したいサービスです。

三菱UFJカード ゴールドのポイント

三菱UFJカード ゴールドで貯まるグローバルポイントは、プレミアムスタープログラムやグローバルPLUSなどの優遇サービスでボーナスを獲得することができ、使えば使うほどポイントを貯めやすくなります。

カードの利用でグローバルポイントが貯まる

三菱UFJカード ゴールドのポイントプログラムは、「グローバルポイント」です。

ポイント有効期限は獲得月から24カ月で、貯めたポイントは提携先のポイントやキャッシュバック、期間限定商品など豊富な交換先を選べます。

グローバルポイントの主な交換先
商品に交換 期間限定商品や、年間を通して交換可能なレギュラー商品の中から、好きな商品と交換できる
Pontaポイント移行
(auも可)
グローバルポイント200P→800Pontaポイント
楽天ポイント移行 グローバルポイント200P→600楽天ポイント
Tポイント移行 グローバルポイント200P→800Tポイント
nanacoポイント移行 グローバルポイント200P→600nanacoポイント
WAONポイント移行 グローバルポイント200P→600WAONポイント
dポイント移行 グローバルポイント200P→800dポイント
ベルメゾン・ポイント移行 グローバルポイント500P→2,500ベルメゾン・ポイント
ビックポイント移行 グローバルポイント500P→2,500ビックポイント
JALマイル移行 グローバルポイント200P→400マイル
キャッシュバック 1ポイント=4円で還元

上記交換先の中で、1ポイントあたりの価値がもっとも高いのはベルメゾン・ポイントとビックポイントです。500ポイントを2,500ポイントに交換できるので、還元率に換算すると0.5%になります。

それ以外の交換先は、還元率に換算すると0.2%~0.4%ほどになってしまいます。せっかく貯めたポイントなので、できるだけ1ポイントの価値を無駄にしない交換先を選びましょう。

プレミアムスタープログラムでプレミアムBONUSがもらえる

先にご説明しましたが、プレミアムスタープログラムではポイント優遇特典としてプレミアムBONUSを獲得できます。なお、プレミアムBONUSを獲得するためには、「ファイブスターメンバー」になる必要があります。

ファイブスターメンバーの条件 ・年会費の支払いや年間50万円以上の利用に応じて★が貯まり、★が5つ貯まればファイブスターメンバーになれる
・ファイブスターメンバーを達成後に年間50万円以上という条件を満たせば翌年にプレミアムBONUSが付与される
プレミアムBONUSの内容 ・年間ショッピング利用額50万円以上100万円未満:前年に獲得した基本ポイントの10%をボーナスとして付与
・年間ショッピング利用額100万円以上:前年に獲得した基本ポイントの20%をボーナスとして付与

上図のとおり、★を5つ貯めてファイブスターメンバーになり、かつ年間50万円以上のショッピング利用額を達成すればプレミアムBONUS付与の対象になります。

ファイブスターメンバー達成後、年間50万円以上のショッピング利用額があれば最大20%ものボーナスを獲得できるお得なシステムです。

PICK UP

残念ながら2022年にプレミアムスタープログラムが終了

プレミアムスタープログラムは、2022年3月10日請求付与分をもって終了します。前述のとおりアニバーサリーポイントも終了となるので、実質的な改悪となってしまうのは非常に残念です。

三菱UFJカード ゴールドと電子マネー

三菱UFJカード ゴールドには、カードに搭載している電子マネーはありませんし、後付けて搭載させることのできる電子マネーもありませんので、電子マネーとの相性はあまりよくありません。

Apple Payにも対応していますが、登録できるのはVISAかMastercardだけです。Apple Payに登録すると、QUICPayとして割り当てられるので、QUICPayの加盟店で利用できます。

ポイントは貯まらないがプリペイド式電子マネーにチャージできる

三菱UFJカード ゴールドでは、以下のプリペイド式電子マネーにチャージすることができます。

  • モバイルSuica
  • SMART ICOCA
  • 楽天Edy

ただし、これら電子マネーへのチャージ利用額分についてはポイント付与の対象外です。

三菱UFJカード ゴールドの空港ラウンジサービス

三菱UFJカード ゴールドには、国内6空港+ハワイ1空港の空港ラウンジを利用できる特典が付帯しています。

しかし、三菱UFJカード ゴールドでは利用できる空港ラウンジ少ないため、もっと空港ラウンジサービスが充実しているカード欲しいという人には、本格的なゴールドカードとしてのステータスを備えた「三菱UFJカード ゴールドプレステージ」の方をおすすめします。

国内の主要6空港とハワイの国際空港で空港ラウンジを利用できる

三菱UFJカード ゴールドで利用できる空港ラウンジは以下のとおりです。

対象空港 ラウンジ名
新千歳空港 ノースラウンジ
成田国際空港 第1ターミナル「IASS Executive Lounge1」
第2ターミナル「IASS Executive Lounge2」
羽田空港 第3旅客ターミナル「Sky Lounge」
中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア
第2プレミアムラウンジ セントレア
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ「六甲」「アネックス六甲」「金剛」
ラウンジNODOKA
福岡空港 ラウンジTIME/ノース
ラウンジTIMEインターナショナル
ダニエル・K・イノウエ国際空港
(ハワイ・ホノルル/旧ホノルル国際空港)
IASS HAWAII LOUNGE

また、上記空港ラウンジは国際線の利用時のみのサービスとなっていますので注意してください。

三菱UFJカード ゴールドの付帯保険

三菱UFJカード ゴールドには、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険も付帯しています。また、国内渡航便遅延保険やショッピング保険などの付帯もあります。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険

海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の補償は、どちらも最高2,000万円です。詳細な内容は以下のようになっています。

海外旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費 200万円
疾病治療費 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 1旅行中20万円限度/年間100万円限度
救援者費用 200万円
国内旅行傷害 傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
入院保険金 3,000円/日
手術保険金 最高12万円
通院保険金 2,000円/日

本格的なゴールドカードには及ばないものの、トータルで判断すれば海外旅行傷害保険が準ゴールドカード、国内旅行傷害保険はゴールドカードらしい補償が付帯します。格安ゴールドカードとしては充実度が高い内容と言っていいレベルです。

※次年度以降は年間ショッピング利用額に応じて以下のとおり変動します。20万円以上/最高2,000万円 20万円未満/最高100万円

国内渡航便遅延保険も付帯

また、三菱UFJカード ゴールドには国内渡航便遅延保険が付帯します。

乗継遅延費用保険金 客室料・食事代として2万円を限度に補償
出航遅延費用等保険金 食事代として1万円を限度に補償
受託手荷物遅延費用保険金 衣料購入費等として1万円を限度に補償
受託手荷物紛失費用保険金 衣料購入費等として2万円を限度に補償

利用付帯ではありますが、搭乗予定の航空機が遅延したり、手荷物の遅延や紛失といった思わぬアクシデントやトラブルに備えられる心強い補償です。

※国内でのホテル・航空券のお支払いを事前にカードでご利用いただくと宿泊中の火災・爆発事故、搭乗中の事故などに適用します。

ショッピング保険は最高100万円まで補償

三菱UFJカード ゴールドには、年間最高100万円までの補償を受けられるショッピング保険が付帯します。海外でのショッピングでは支払い方法問わず自動で適用されますが、国内の場合は分割払いやリボ払いで購入した商品のみが補償対象になります。

三菱UFJカード ゴールドの追加カード|家族カードやETCカード

三菱UFJカード ゴールドでは、追加カードとして家族カードとETCカードの発行に対応しています。また、銀聯カードも追加発行可能なので、中国などへ旅行される場合などにおすすめです。なお、銀聯カードを発行する場合は新規発行手数料として1,100円(税込)が必要です。

家族カードは1枚目無料で2枚目以降もリーズナブルな年会費

家族カードは、1枚目の年会費が無料で、2枚目は1枚につき440円(税込)です。また、2枚目以降の場合は初年度年会費が無料です。

リーズナブルな年会費で本会員とほぼ同等のサービスを利用できるのでコスパが高いです。

ETCカードは年会費も新規発行手数料も不要

ETCカードは、本来1,100円(税込)の新規発行手数料が必要ですが、三菱UFJカード ゴールドなら無料で発行できます。年会費については永年無料です。

さらに、三菱UFJカード ゴールドならETCカードの利用分についてもポイント付与の対象になります。ETCの利用頻度が多いなら、ぜひ入会しておきましょう。

三菱UFJカード ゴールドの締め日と支払日

三菱UFJカード ゴールドを利用した場合の、気になる締め日と支払日についてみていきましょう。

ちなみに、締め日とは月間のカード利用代金集計の締め切り日のこと、支払日とはカード利用代金が指定口座から引き落とされる日のことです。

カード利用代金の締め切りは毎月15日で引き落としは翌月10日

三菱UFJカード ゴールドの締め日と支払日は、

締め日 毎月15日
支払日 翌月10日

以上のとおりです。

締め日は毎月15日で固定ですが、支払日が金融機関の休業日にあたる場合は翌営業日が支払日になります。

なお、金融機関の休業日は土日祝日と年末年始です。連休に重なってしまうと支払日は連休明けまでずれこみますので注意してください。

三菱UFJカード ゴールドの紹介まとめ

三菱UFJカード ゴールドについての魅力を詳細に解説してきました。

主な魅力をまとめますと、

  • 10代から申し込める格安ゴールドカード
  • 空港ラウンジサービスが付帯
  • MUFGカード会員限定の優待特典付帯
  • 最高2,000万円の旅行傷害保険
  • 国内渡航便遅延保険が付帯
  • 年間最高100万円のショッピング保険
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ各社の優待特典が付帯

以上のような特長が挙げられます。

三菱UFJカード ゴールドは、三菱UFJカードの上位カードという位置付けで発行されていますので、現在三菱UFJカードを所有しているなら三菱UFJカード ゴールドに切り替えてステップアップすることもできます。

また、本格的なゴールドカードを持つ前の入門的なカードとして、入会を検討してみるのもおすすめです。

関連クレジットカードRELEVANT CREDITCARD

年会費実質無料の銀行系クレジットカード!入会後3カ月間はポイント3倍!旅行保険やショッピング保険も付帯!

MUFGカード・ゴールド

初年度年会費無料!次年度以降2,095円(税込)で使える格安ゴールドカード!旅行傷害保険やショッピング保険も付帯し、内容充実!

三菱UFJニコスの真の銀行系ゴールドカード!空港ラウンジ無料!国内・海外旅行保険に渡航便遅延保険+家族特約付帯!年会費も減額できる!

アメックスと三菱UFJニコスの最高峰プラチナカード!申し込み制でプライオリティ・パスは家族も持てる!

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 原則18歳以上の方で、本人または配偶者に安定した収入のある方(学生は除く)
国際ブランド VISAカード マスターカード JCBカード 
年会費(初年度) 無料 年会費(2年目) 2,095円(税込)
家族カード(初年度) 初年度無料 家族カード(2年目) 440円(税込)
ETCカード発行手数料 無料  ETCカード年会費 無料
ETCカード備考
発行期間 最短1週間
利用限度額(下限) 10万円〜  利用限度額(上限) 200万円
利用限度額備考
発行会社 三菱UFJニコス株式会社
支払い
キャッシング手数料 三菱UFJニコス公式サイトを確認のこと
締め日 毎月15日  引落日 翌月10日 
支払い方法 1回/2回/分割/リボ/ボーナス一括払い
キャッシング金利 三菱UFJニコス公式サイトを確認のこと 
ポイントシステム
ポイントプログラム MUFGカードグローバルポイント
ポイント還元率 0.4%〜0.495%
ポイント有効期限 ポイント獲得月から24カ月有効(二年間)
最低交換単位 200P〜 
マイレージ
交換可能なマイレージ ① JALマイレージ
② マイレージ・プラス(ユナイテッド航空)
マイレージ還元率 ① JALマイレージ:100P ⇒ 200マイル(還元率0.%)
② マイレージ・プラス:100P ⇒ 200マイル(還元率0.2%)
最低交換単位 ①と②ともに500P以上、100P単位で交換可
マイレージ移行手数料 ①と②ともに無料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー 楽天Edy/Smartplus/Visa Touch/SMART ICOCA/モバイルSuica 
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯
国内旅行保険「傷害保険」 最高2,000万円 
国内旅行保険「国内航空傷害保険」 乗継遅延費用保険金: 2万円限度 出航遅延費用等保険金:1万円限度 寄託手荷物遅延費用保険金:1万円限度 寄託手荷物紛失費用保険金:2万円限度
国内旅行保険「その他」 手術保険金:最高12万円(3,000円×10〜40倍)  
海外旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯
海外旅行保険「傷害治療」 最高200万円(前年利用額によっては20万円)
海外旅行保険「携行品損害」 最高100万円(前年利用額によっては10万円)1回の旅行につき最高20万円まで、免責1事故3,000円
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高2,000万円(前年利用額によっては100万円) 
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」
海外旅行保険「疾病治療」 最高200万円(前年利用額によっては20万円)
海外旅行保険「賠償責任」 最高2,000万円(前年利用額によっては100万円) 
海外旅行保険「救援者費用」 最高200万円(前年利用額によっては50万円)  
海外旅行保険「その他」
ショッピング保険 最高100万円(国内の場合は分割・リボ払いの場合のみ、海外は商品や支払い方法は問わない)。
その他
特典
航空ラウンジ 国内主要6空港とハワイ・ホノルル(ダニエル・K・イノウエ国際空港)の空港ラウンジが無料利用可  
プライオリティパス
手荷物宅配
コンシェルジュデスク
備考

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容