アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメックスの個人事業主・法人代表者向けカード!独自審査で発行しやすく、ビジネスをサポートする優待サービス&旅行保険が付帯!

国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
13,200円(税込) 年会費
(2年目)
13,200円(税込)
還元率 0.33%〜0.40% 発行日数 最短15営業日

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、アメックスが発行する個人事業主と法人代表者を対象にしたカード。独自審査により年数が浅い企業や経営者でも他の条件をクリアすれば審査発行してくれるので安心!法人口座から引き落としで経費管理もカンタン。空港ラウンジ無料、無料宅配サービス、ビジネスに役立つ優待サービスや最高5,000万円の旅行保険も付帯。年会費は経費として計上できるので節税対策にも最適!

審査&ステータス 独自の審査発行基準からIT系で大人気のビジネスカード!アメックスなのでステータスもばっちり。法人口座から引き落としで経費の管理に最適!
会員特典満載 国内28空港、海外2空港のラウンジが同伴者1名まで無料!帰国時には無料でスーツケースを宅配!出張や福利厚生で役立つ優待やサポートが受けられる!
旅行保険が付帯 最高5,000万円の旅行傷害保険、最高500万円のショッピング保険が付帯、海外出張中も日本語で24時間サポート!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード こんな人におススメ

  • 法人用のクレジットカードが欲しい、個人事業主や法人代表者の方
  • 独自の審査を実施し、取得しやすい法人カードをお探しの方
  • 法人口座から引き落としできるカードで、経理・会計業務をラクにしたい方に
  • ビジネスに役立つ優待・割引サービスの付いた「法人カード」が欲しい方に!
  • 出張や福利厚生で役立つ、手厚いサポートや補償を受けたい方にも

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード|個人事業主にもおすすめ法人カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、会社設立から日が浅くても取得しやすい『個人事業主・法人代表者向けカード』として人気があります。以下に、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴をまとめてみました。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは13,200円の年会費で他社ゴールド以上のスペック!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの年会費は13,200円(税込)で、アメックス発行のビジネスカードとしては「スタンダード」に分類されます。しかし、詳細は後述していきますが、そのステータスは他社ゴールドカード以上です。

アメックスビジネスカードには経費管理サポートサービスが付帯する

1カ月に一度、カードを持っている社員毎に利用金額や店名、業種毎の明細を郵送し、費用科目の仕訳がよりスムーズになるようサポートします。またオンラインサービスでは明細をCSVやExcelファイル形式でダウンロードできるので、会計業務の効率化が図れます。

さらに、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードがあれば、オフィス用品の購入から、通信費(固定電話・携帯・スマホ・プロバイダ料)のほか、新聞・雑誌購読料、公共料金(電気・水道・ガス)や人材派遣費用、宣伝広告費、車関係の費用、専門分野の業務仕入れなどに活用できます。利用分もしっかりアメックスのポイントが貯まるので一石二鳥です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード会員だけの特典!各種優待・割引サービスが便利

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで、最も特徴的な「3つの会員特典」を紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード|3つの会員特典
①ダイニング・トレンド powered by ぐるなび 厳選された国内のレストランにて、飲食代金が20%OFFになるプランなど、カード会員だけの特別なサービス
②コットンクラブ 東京丸の内にあるエンターテインメントクラブ「コットンクラブ」での優待イベント、レストラン料金割引など、会員特典の提供
③ゴルフ・デスク 全国1,000ヶ所以上のゴルフ場、ハワイ・グアム・サイパンの提携コースにて、予約&手配を無料で行ってくれる

このほか、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、福利厚生サービス「クラブオフ」の提供など、以下のようなビジネスカード限定特典が付帯します。

クラブオフ 全国の提携する福利厚生施設やレストラン、アミューズメント施設などが、優待価格で利用できる福利厚生サービス(年会費無料)
ビジネス情報調査代行サービス 国内および海外企業の信用情報や与信概要、企業スクリーニングの結果などの調査代行(年会費無料)
ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」 帝国データバンクや東京商工リサーチなどのビジネス情報がオンラインで取得できるほか、全国の起業情報・経営者情報が、年会費無料でリサーチできる(年会費無料)
ビジネスコンサルティングサービス 経営改善や事業拡大などの相談について、ふさわしいコンサルタントや窓口を紹介するサービス。経営に役立つセミナーが優待価格で参加できる

「クラブオフ」は、大手企業も導入する福利厚生サービスで、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードをお持ちの方は、年会費無料で利用できます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは出張や旅先で役に立つ各種優待&サポートも充実

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、ここまで説明した優待・割引サービスのほか、以下の旅行やツアーの優待、海外電話割引、レンタカー優待、エンタメ(映画・チケットの先行販売)が利用できます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード|ビジネスに役立つ優待・割引サービス
旅行&ツアー特典 エクスペディア、アップルワールド、H.I.S、一休.com、日本旅行などの旅行サイトで、ツアー料金が5%〜8%OFFの価格で提供
電話レンタルの優待 海外で使える携帯電話が、通常料金の10%OFFで利用できる。
レンタカー割引 国内レンタカーが5%OFF で利用できる(オリックスレンタカー/タイムズ/トヨタレンタカー/日産レンタカー/ニッポンレンタカーなど)
パーキング優待 提携する空港パーキング20%〜40%OFFで利用できるサービス
チケットアクセス eプラスと提携し、エンタメチケットの先行販売や公開前の映画試写会の実施など
アメリカン・エキスプレス・コネクト アメックスが提供する、カード会員限定の優待・割引サービス。提携するホテルやレストラン、ショップでお得な割引や特典が受けられる

また、東海・山陽新幹線(東京~博多)の予約がオンライン上でできる「JR東海エクスプレス予約サービス」が利用できるので、国内出張でも活用度が高いです。

このほか、新国立劇場にてドリンク券の進呈やチケットの優先購入、チケット無料配送、オペラトーク(出演者のトークイベント)などの特典が受けられます。さらに、アメックスの旅行予約サービスとして、次のようなサービスが付帯します。

アメックスだけの旅行予約サービス
アメリカン・エキスプレス・JALオンライン JALの国内線航空券をオンラインで予約・発券できる法人向けサービス(サクララウンジ無料利用券がもらえる特典もあり)
アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン アメックスだけの優待価格で利用できる旅行予約サービス、ホテルや国際線エアチケット、レンタカーの手配ができる(アメックスのポイントでも支払い可)
H.I.Sアメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク H.I.Sのツアーや航空券、レンタカー、ホテル・旅館の手配がオンライン上でできる(会員だけの優待プランもあり)

オンライン上で手配ができれば時間の短縮につながります。また、優待を上手に利用すれば経費削減にも効果が期待できます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには最高5,000万円の海外・国内旅行保険旅行傷害保険が付帯!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯します。利用付帯なので、事前にツアー料金やエアチケットの購入、もしくは交通機関の一部(例:空港までの電車・バス・タクシーなどの一部をカード決済する)を支払えば、旅行保険が適用される仕組みです。

このほかショッピング・プロテクション(ショッピング保険)が付帯しており、海外・国内で購入した商品の破損や盗難などの損害を最高500万円まで補償してくれるほか、各種プロテクションも付帯します。これら付帯保険については、後ほど詳述します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、こんな人におすすめ

おすすめ

ここからは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのおすすめポイントとともに、どんな人におすすめなのか? などについて、より詳しくみていくことにします。

法人用のクレジットカードが欲しい、個人事業主や法人代表者の方!アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードならビジネスに役立つ優待が充実

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、法人代表者や個人事業主向けのクレジットカードです。一般のカードとは違い、出張時のサポートやトラベルサービス、ビジネスに役立つ優待・割引サービスが満載です。また、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは法人口座から引き落としができ「経費の管理」がしやすいというメリットがあります。飲食費や接待費、交通費などの経費は同カードで決済しましょう。

このほかうれしいポイントとして、年会費が「経費として計上」できる点が挙げられます(業務上必要なカードは、経費として落とせます)。社員や従業員の請求分もまとめて「法人口座」から引き落とせば、経費の精算もラクちん。もちろん、アメックスという国際的ステータスの高さも見逃せません。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードが一枚あれば、経営者としての「信頼度」も高まります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは独自の審査で取得しやすい!審査でも安心な法人カードをお探しの方におすすめ

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、IT系経営者・個人事業主の間で評価が高いカードです。アメックスの場合、個人向けカードでもビジネスカードでも、審査で重視されるポイントが他のクレジットカードとは若干異なります。詳しい審査基準は非公開ですが、アメックス「独自の審査基準」が設けられていますので、他のクレジットカードで審査落ちした人でも審査に通る可能性の高いカードです。

例えば、会社設立から日が浅い場合でも、他の条件をクリアしていること(例:経営状況、事業内容、他社での借入・返済状況等)でカードが発行されます。「法人カードは審査が難しい……」とお悩みの方でも、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードなら安心して申し込めます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードなら法人口座から引き落としできる!カードで経理・会計業務をラクにしたい方におすすめ

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、法人用の銀行口座から引き落としが行われます。個人用の口座とは分けて管理できるので、会計業務がしやすくなります。特に個人事業主の方は「生計費と事業費」の仕分けに頭を悩ませがちですが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのように、法人口座で管理をすれば日々の会計業務もラクになります。先述したように、明細はCSV、エクセル形式でもダウンロードできるので、会計ソフトとの相性もバッチリです。

ビジネスに役立つ優待・割引サービスの付いた「法人カード」が欲しい方にもアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードがおすすめできる!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードをお持ちの方は、アメックスの会員限定サービス「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が利用でき、国内のレストランやホテル、ショッピングなどで優待が受けられます。また、以下のような特典も利用することができます。

PICK UP

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで受けられる特典

ゴルフデスク/百貨店ギフトカードの発送/アメリカン・エキスプレス・コネクト(優待・特典)/コットンクラブ/新国立劇場/チケットアクセス/ダイニング・トレンド powerd by ぐるなび/アメリカン・エキスプレス・イベント/ビジネスコンサルティングサービス/ビジネス情報調査代行サービス/クラブオフ(福利厚生サービス)/アメリカン・エキスプレス・JALオンライン/H.I.Sアメリカン・エキスプレス・トラベルデスク/空港ラウンジサービス/手荷物宅配サービス/無料ポーターサービス/渡航先での日本語サポート/空港クロークサービス/トラベル・サービス・ロケーション/オンライン・プロテクションなど3つのプロテクション(補償)/最高5,000万円の海外・国内旅行保険旅行傷害保険/その他

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはスタンダードに分類されるのですが、特典内容を見ると他社ゴールド以上のステータスを持ち、アメックスらしい「プレミアムな特典」が付帯していることが分かります。

出張や福利厚生で役立つ!アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは手厚いサポートや補償を受けたい方にもおすすめ

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、ビジネスで役立つ各種優待や割引特典が付帯しています。例えば、ビジネス情報調査代行サービスやコンサルティング事業の優待、第一線で活躍する経営者のセミナーの開催など、ビジネスに役立つサービスが満載です。このほか、福利厚生に役立つサービス(例:クラブオフアライアンス)を優待価格提供するなど優れた特典を提供しています。

旅先・出張先でも安心!アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードにはアメックスのサポート&サービスが付帯!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、アメックスの充実したサポート&サービスが付帯します。国内外の主要な空港ラウンジが本会員&同伴者1名まで無料で利用できる空港ラウンジサービスほか、海外旅行時には1名につきスーツケース1個(空港⇔自宅の往復区間)を無料で配送してくれるので便利です。

その他、無料のクロークサービス(1名につき2個まで無料預かり)や無料ポーターサービスの提供など、旅先で役立つサービスが付帯します。このほかにも「オーバーシーズ・アシスト」では、渡航先での各種予約・手配、緊急時のサポートを24時間、日本語で対応してくれるので安心です。

付帯保険が充実したビジネスカードをお探しの方!アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険が付帯します。また最高500万円のショッピングプロテクションも付いており、カードで購入した商品の偶発的破損や盗難による損害を手厚く補償します。

経費として商品を購入したりサービスを利用する場合や出張先で支払いをする時には、忘れずにアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを携行しましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのメリット

ここまでの内容を元に、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのメリットをまとめてみました。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのメリット

  • アメックスが発行する個人事業主&法人代表者向けのクレジットカード
  • 独自の審査基準を採用!設立年数が浅い企業・個人事業主でも申し込める
  • アメックス発行のカードなのでステータスの高さはお墨付き!
  • 法人口座からの引き落としなので「経費の管理」に最適!
  • ビジネスをサポートするワンランク上の優待・割引サービスが付帯!
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行保険ほか最高500万円のショッピング保険が付帯
  • 海外出張中も24時間日本語でサポートが受けられるから安心!
  • 国内外の主要な空港ラウンジが、本会員&同伴者1名まで無料で利用OK!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、審査が不安な個人事業主や法人代表者にうれしい審査基準を採用。アメックスという高いステータスに加え、ビジネスに役立つ特典やサービスが満載です。

また、旅先や出張先でも安心の補償(旅行傷害保険等)や、サポート(オーバーシーズ・アシスト等)も付帯しているので、ビジネスカード取得を検討中の方にイチオシのクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのデメリット

ビジネスカードというのは、ビジネスシーンにおいてどの程度の活用度があるかによってその価値が大きく変わります。逆に言えば、ビジネスシーンに合ったビジネスカードを選べば、デメリットはほぼありません。ビジネスカードは個人向けカードに比べるとキャッシングが利用できなかったりポイント還元率が低かったりするデメリットこそありますが、ビジネスで利用するうえでそれらは必要がないものなので、デメリットというほどのものはありません。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはスタンダードタイプのビジネスカードとしては秀逸!でもデメリットを強いて挙げるとすれば……?

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、スタンダードクラスなのにそのステータスは他社ゴールドカードクラスであると先述しましたが、実際に他社のビジネスカードと比較してもその内容はかなり秀逸です。なので、デメリットらしいデメリットというのはほぼないです。しかし、強いて挙げるならば加盟店数の少なさです。

アメックスは国際ブランドとしてステータスこそあるものの、VISAやMasterCardに比べると加盟店数では遠く及びません。JCBと提携しているのでJCB加盟店で利用できますから、日本国内ではそれほど使い勝手に困ることはありません。しかし、欧州を中心とした海外では大都市でもアメックスを使えないケースが多いです。海外へ行くならアメックスブランドだけでは不安です。VISAブランドやMasterCardブランドとの複数枚持ちが基本的な常識となっていますので意識しておきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの評判

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのネット上の口コミなどを探ってみても、評価は比較的高めのようです。やはり、経費の管理がしやすいというビジネスカード特有のメリットは評判が良いようです。特に、既述のとおりアメックスはJCB加盟店で利用できるので日本国内での使い勝手が比較的良いという点も高評価につながっています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはスタンダードなのに「オーバーシーズ・アシスト」が付帯している点も評判が良い

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、海外での各種サポートを受けられる「オーバーシーズ・アシスト」が付帯しています。通常、アメックスのスタンダードカードでは「グローバル・ホットライン」が付帯しており、「オーバーシーズ・アシスト」はゴールドカード以上でなければ付帯しません。

「オーバーシーズ・アシスト」は、緊急支援サービスとしてメディカル・サービスやリーガルアシストサービスが付帯するなど、「グローバル・ホットライン」の上位にあたるサービスです。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの場合は、スタンダードでも「オーバーシーズ・アシスト」が付帯しています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの審査

気になるアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの審査基準についてみていきましょう。実際、詳細な審査基準というのは知ることができませんが、アメリカ発の国際ブランドということもあって、審査基準は日本国内のクレジットカードと微妙に異なるのが特徴です。他のクレジットカードの審査に通らなかった人でもアメックスではカードが発行されるというケースもあります。そうした傾向は、個人向けカードだけでなくビジネスカードにおいても同様のようです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは設立年数が少なくても個人の属性が優良なら審査通過も十分にあり得る!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、会社設立の年数が短くても発行されます。その理由は、申し込み者本人の信用情報が優先されるからです。つまり、会社を設立した間もない時期であっても、個人の信用情報さえしっかりしていればカード発行が可能なのです。

会社設立後間もない時期は様々に経費もかさみます。早めにビジネスカードを作ることができれば、よけいな経理負担を軽減させることができます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの還元率

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのポイント還元率は、他のアメックスカードと同じで0.3%~0.4%ほどとなります。高還元率ではありませんが、アメックスはポイント還元率で選ぶようなカードではなく、トラベル&エンターテイメント主体のカードなので、低還元率でも決してデメリットではありません。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは低還元率でもビジネスカードでポイントを活用できるのは大いに魅力

還元率0.4%程度というのは、1.0%以上の高還元率カードに比べると魅力が薄く感じるかもしれません。しかし、ビジネスカードという視点でみれば、たった0.4%の還元率であっても経費削減効果は大いに期待できます。ましてやビジネスカードの中にはポイントプログラムさえ付帯しないものも存在しますので、そうしたカードに比べたら十分な魅力を秘めています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのポイント

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」と言い、他のアメリカン・エキスプレス・カードと共通の仕組みを持ちます。カードで決済をすれば、国内・海外問わず(利用)100円につき1Pが貯まります。

貯まったポイントは、アメックスが厳選した商品との交換や非日常を楽しめるイベントへの参加、旅行の参加(航空券購入やホテル・旅費の支払い等)のほか、提携マイレージへの交換、カード利用代金への充当(=キャッシュバック)にも利用できます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのポイントで交換できるモノ&サービス
①カード代金の支払い 公共料金、レストラン料金など、カードで支払った代金にポイントを充当
②店舗で支払い 対象店舗での買い物時に使える「商品券」に交換
③オンラインショップの支払い ポイントを使って、提携するオンラインショップで買い物ができる
④Eクーポンで使う Amazonやスターバックスコーヒー、ファミリーマート、iTunesなどで使えるEクーポンと交換
⑤商品券に交換 百貨店ギフトカード、コストコギフトカードをはじめ、提携するクーポンと交換
⑥他社電子マネーに交換 楽天スーパーポイント、Tポイントなど他社ポイントへの交換
⑦アイテムや特別な体験に交換 アメックスが厳選した500以上のアイテムや特別な体験(イベント/宿泊など)と交換

ポイントの有効期限は3年間ですが、有料のオプションサービス「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入すれば、無期限でポイントが貯められます。

メンバーシップ・リワード・プラスなら還元率アップ、無期限でポイントが貯まるのでオトク!

メンバーシップ・リワード・プラスはアメックスのオプションサービスで、年3,300円(税込)の年会費を支払えばポイントの還元率がアップするほか、ポイントの有効期限が3年から「無期限」に延長されます。また、提携マイレージへの移行についても還元率0.5% から1.0%へとアップするので大変オトクです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで貯めたポイントは提携するマイルへ移行OK!移行先は全15社と幅広い!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの提携マイレージは全15社です。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで貯まったポイントは、以下のマイレージに移行(交換)できます。

  • ANA…ANAマイレージクラブ
  • スカンジナビア航空…SAS ユーロボーナス
  • キャセイパシフィック航空…アジアマイル
  • アリタリア-イタリア航空…クラブ・ミッレミリア
  • エティハド航空…エティハド ゲスト
  • エミレーツ航空…エミレーツ・スカイワーズ
  • エールフランスKLM…フライング・ブルー
  • カタール航空…プリヴィレッジクラブ
  • シンガポール航空…クリスフライヤー
  • タイ航空…ロイヤルオーキッドプラス
  • チャイナエアライン…ダイナスティ・フライヤー・プログラム
  • デルタ航空…スカイマイル
  • フィンエアー…フィンエアー・プラス
  • ブリティッシュ・エアウェイズ…エグゼクティブ・クラブ
  • ヴァージンアトランティック航空…フライングクラブ

マイルの交換レートは2,000P ⇒ 1,000マイル(還元率0.5%)ですが、オプションサービス「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入をすれば、1,000P ⇒ 1,000マイルに還元率がアップします(還元率1.0%、通常の2倍マイルが貯まる)。

このほかにも、ヒルトンホテルのポイント「ヒルトンオーナーズ」やスターウッドホテル&リゾートのポイント「スターウッドプリファードゲスト」にもポイント移行できます。貯まったポイントはマイルやホテルのポイントに交換し、出張などの機会へと役立てましょう。

PICK UP

ANAのみ別途年間手数料が発生するので注意!

全15社のうちANA以外は、移行手数料無料・上限なしでマイル移行できます。ただし、ANAは「メンバーシップ・リワード ANAコース」へ加入する必要があり、年間5,500円(税込)の年会費が必要です。また移行上限が「年80,000Pまで」とあらかじめ決まっているので注意しましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードと電子マネー

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでも各種電子マネーのチャージが可能ですが、カードそのものに搭載できる電子マネーは存在しません。また、チャージ分に関してもポイント付与がありません。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでチャージできる電子マネーはSuicaやEdy、ICOCAなど

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでは、

  • 楽天Edy
  • Apple Pay(QUICPay)
  • Apple Pay(モバイルSuica)
  • SMART ICOCA

以上のチャージが可能です。Apple Pay(QUICPay)は後払い式なので、利用分に関してはポイントがしっかり貯まります。その他の電子マネーに関してはポイント付与対象外となっています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの空港ラウンジサービス

アメックスはスタンダードカードでも他社ゴールドカードクラスのステータスがあると言われていますが、その理由のひとつが空港ラウンジサービスの付帯です。しかもそれ以外にも様々な空港サービスが付帯しているのもアメックスの魅力です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは空港ラウンジサービス付帯!その他、空港で受けられるうれしい特典も!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードがあれば、28空港、39カ所の空港ラウンジが本会員&同伴者1名まで無料で利用できます。国内の主要な空港ラウンジのほか、海外はハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)が利用できます。

また、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードがあれば、空港で以下の無料サービスが利用できます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで利用できる無料の空港サービス
手荷物無料宅配サービス 海外旅行時、自宅から空港までの往復区間(行き&帰り)を会員1名につきスーツケース1個まで無料で配送(対象:成田国際空港・羽田空港・中部国際空港・関西国際空港)
空港クロークサービス 乗り継ぎ便の待合時間中、荷物を無料で預かるサービス(対象:中部国際空港)
無料ポーターサービス 専任スタッフが、空港内指定の場所まで荷物を運んでくれるサービス(対象:成田国際空港・関西国際空港)

このように、カードがあれば空港でさまざまな無料特典が受けられます。特に便利なのが「手荷物無料サービス」です。旅行や出張でお出かけの際、自宅から荷物を送っておけば、身軽に出発できるのでおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの付帯保険

ご説明してきたように、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには最高5,000万円の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯します。

保険種類 補償内容
国内旅行傷害保険 【傷害死亡・後遺障害】
最高5,000万円
家族特約:最高1,000万円
海外旅行傷害保険 【傷害死亡・後遺障害】
最高5,000万円
家族特約:最高1,000万円
【傷害治療費】
最高300万円
家族特約:同額
【疾病治療費】
最高300万円
家族特約:同額
【賠償責任保険】
最高4,000万円
家族特約:同額
【携行品損害】
1旅行中 最高50万円
家族特約:同額
【救援者費用】
最高400万円
家族特約:最高300万円

ちなみに付帯条件は、いずれも利用付帯です。

アメックス独自のプロテクションサービスが利用できる

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、3つのプロテクションサービスが付帯します。

AMEXビジネス・カード・3つのプロテクションサービス
オンライン・プロテクション ネット上で受けたカードの不正使用による損害を全額補償するサービス
リターン・プロテクション 購入店が返金・返品に応じない場合、アメックスが購入金額を補償し返金してくれるサービス(カードで購入した商品やサービスのみ)
ショッピング・プロテクション ショッピング保険のこと(最高500万円まで補償)

このほか、カードの紛失や盗難に遭った場合は、新しいカードを緊急で際発行してくれます(最短翌営業日に『緊急仮カード』を発行)。また、本人認証サービス「American Express SafeKey」を採用し、ワンタイムパスワードなどの強固なセキュリティ対策により、第三者によるカードの不正利用や個人情報の漏洩を強固に防止しています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの追加カード|家族カードやETCカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードも、追加カードとしてETCカードや家族カードの発行が可能です。以下、詳細をみていきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードならETCカードの新規発行手数料無料!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでは、無料でETCカードを新規発行手数料無料で発行してくれます(最高5枚まで)。ただし、年会費は550円(税込)がかかるので注意しましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの家族カードは年会費6,600円(税込)とリーズナブル!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの家族カードは、6,600円(税込)の年会費で利用できます。法人名義であれば「社員の方」にも発行でき、個人事業主の方は社員や二親等以内の家族(20歳以上)が申し込めます。

もちろん、家族カードについてもアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの魅力ある特典が利用できます。社員や家族と共有し、ビジネスで役立つサービスを積極的に活用しましょう!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの締め日と支払日

アメックスの場合、カードの締め日と支払日については利用者ごとに異なるため公式には記載がありません。個人向けのアメックスカードについては、毎月19日頃が締め日で、翌月10日が支払日という傾向が多いようですが、ビジネスカードについてはどうなのでしょうか?

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの締め日と支払日は利用者ごとに違う!発行時に確認しよう

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの締め日と支払日は利用者ごとにバラバラですので、発行時にしっかり確認しておくことをおすすめします。詳細はカード発行時に同封されている書類に記載がありますので、必ず確認を怠らないようにしておきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの紹介まとめ

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、アメックスが発行する個人事業主&法人代表者向けクレジットカードです。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでは独自の審査基準を採用しています。このため、設立年数が浅い企業や個人事業主の方でも(他の審査条件を満たせば)発行してくれるので安心です。

また、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには高いステータスと、きめ細かなサービスが付帯します。例えば、荷物の無料宅配サービスや国内外空港ラウンジサービス、海外での日本語サポートサービス、接待や出張で役立つホテルやレストランの優待、最高5,000万円の海外・国内旅行保険、最高500万円のショッピング・プロテクションなど、オフィスや旅先を問わず「ワンランク上のサービスとサポート」が受けられます。

このほか、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで貯まったポイントは、アメックスが厳選した500種以上のアイテムのほか、カード代金への充当、提携ショップやオンラインショップでの支払い、商品券やEクーポンへの交換、他社電子マネーへの移行、全15社の提携マイレージへ交換することができます。

しかも、法人代表者・個人事業主の方は「年会費を経費として計上」できます。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを1枚携行しておくだけで、『充実したビジネスライフ』が過ごせます。

関連クレジットカードRELEVANT CREDITCARD

世界が誇る信頼のカードブランド!ゴールドクラスのサービスが付帯

アメックスのゴールドカード!国内外でワンランク上の「上質なサービス」

メタル製のカードフェイスと質の高いサービスで人気!最高峰のプラチナカード

アメックスの個人事業主・法人代表者向けカード!独自審査で発行しやすく、ビジネスをサポートする優待サービス&旅行保険が付帯!

アメックスの個人事業主・法人代表者向けゴールドカード!独自審査の発行しやすさは健在!ステータスで選べばアメックス・ゴールド!

国内最高峰のステータスを誇るビジネスカード!プレミアムな特典でビジネスを強力サポート!

高級ホテルと海外旅行に特化したアメリカン・エキスプレス・カード!マイル還元率は1.25%で無期限!SPGのゴールド会員資格でシェラトンやウェスティンで豪華な特典が利用可能!

空の旅に自由を与えるアメックス!還元率1%で提携航空会社のマイルにいつでも自由に交換可能! スカイ・トラベラー3倍ボーナスあり!

スカイ・トラベラー5倍ボーナスでマイルが無期限で貯まる!3つのボーナスポイント&優待、旅行保険も付帯!

更にマイルが貯まるアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード!ボーナスマイルが豊富でマイル還元率は最大1.5%以上!デルタ航空上級会員資格「ゴールドメダリオン」も提供!

マイル還元率1.0%の高還元率マイルカード!ショッピングでデルタ航空「スカイマイル」が貯まる!上級会員資格シルバーメダリオン、ボーナスマイルも進呈!

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 20歳以上の個人事業主、または法人格のある法人代表者
国際ブランド アメックスカード 
年会費(初年度) 13,200円(税込) 年会費(2年目) 13,200円(税込)
家族カード(初年度) 6,600円(税込) 家族カード(2年目) 6,600円(税込)
ETCカード発行手数料 無料 ETCカード年会費 550円(税込)
ETCカード備考 本会員は5枚まで、追加会員は1名につき1枚まで発行可
発行期間 最短15営業日
利用限度額(下限) 利用限度額(上限)
利用限度額備考
発行会社 AMERICAN EXPRESS CARD(アメリカン・エキスプレス・カード)
支払い
キャッシング手数料 キャッシング機能なし
締め日 利用者によって異なる  引落日 利用者によって異なる 
支払い方法 1回/分割/リボ/ボーナス一括払い
キャッシング金利 キャッシング機能なし
ポイントシステム
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 0.333%〜0.400%(通常100円利用毎に1P進呈)
ポイント有効期限 入会後3年を経過するとポイント失効(※ ただし、ポイントを1回でも交換すれば有効期限が無期限になる)
最低交換単位 1,000P〜 
マイレージ
交換可能なマイレージ 全16社のマイレージプログラムと提携
アリタリア-イタリア航空 「クラブ・ミッレミリア」、 ヴァージン アトランティック航空 「フライングクラブ」、 ANA 「ANAマイレージクラブ」、 エティハド航空 「エティハド ゲスト」、 エミレーツ航空 「エミレーツ・スカイワーズ」、 エールフランス/KLM航空 「フライングブルー」、 カタール航空「プリビレッジクラブ」、カンタス航空「カンタス・フリークエントフライヤー」、 キャセイパシフィック航空 「アジア・マイル」、 シンガポール航空 「クリスフライヤー」、 スカンジナビア航空 「SAS ユーロボーナス」、 タイ国際航空 「ロイヤルオーキッドプラス」、 チャイナエアライン 「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」、 デルタ航空 「スカイマイル」、 フィンランド航空 「フィンエアー・プラス」、 ブリティッシュ・エアウェイズ 「エグゼクティブ・クラブ」
マイレージ還元率 2,000P=1,000マイル(全エアライン共通)
ただし、メンバーシップ・リワード・プラス(年3,300円(税込))に加入した場合、移行レートは1,000ポイント=1,000マイルにアップする。
最低交換単位 2,000P以上
(全エアライン共通)
マイレージ移行手数料 無料(※ ただし、ANAマイレージのみ年5,500円(税込)の年会費が必要)
電子マネー
チャージ可能な電子マネー 楽天Edy/SMART ICOCA/モバイルSuica
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯 ※ 旅行の際、航空券、パッケージツアーを本カードで支払えば保険が適用される
国内旅行保険「傷害保険」 最高5,000万円 
国内旅行保険「国内航空傷害保険」
国内旅行保険「その他」
海外旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯 ※ 旅行の際、航空券、パッケージツアーを本カードで支払えば保険が適用される
海外旅行保険「傷害治療」 最高300万円 
海外旅行保険「携行品損害」 最高100万円  ※ 1旅行中の限度額は50万円、年間限度額は100万円まで(免責:3,000円)
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高5,000万円  
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」
海外旅行保険「疾病治療」 最高300万円   
海外旅行保険「賠償責任」 最高4,000万円  
海外旅行保険「救援者費用」 最高400万円  
海外旅行保険「その他」
ショッピング保険 最高500万円
※ 購入日より90日以内に生じた破損や盗難を最高500万円まで補償(免責:1事故あたり1万円)
その他 ・ オンライン・プロテクション
・ リターン・プロテクション
・ カードの紛失・盗難の場合はカードの緊急際発行を行う(通常翌営業日に発行) 
特典
航空ラウンジ 国内外30カ所の空港ラウンジが本人+同伴者1名まで無料  
プライオリティパス
手荷物宅配 海外旅行時1回あたり1往復、手荷物を無料で配送(会員1名につき、スーツケース1個まで)  
コンシェルジュデスク
備考 オーバーシーズアシスト(海外でも日本語で24時間365日サポート) 

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容