dカードとdカードGOLDはどっちがお得?違いを徹底比較!

更新:2020年12月24日

dカードとdカードGOLDは、どちらもお得なクレジットカード。ですが、どちらがよりお得なクレジットカードとなるのかは、カードの使い方や、スマホのキャリア等により異なります。

今回は、dカードとdカードGOLDどちらに申し込みをしようか迷っている方のために、dカード・dカードGOLDの内容を比較し、どんな方に向いているかを解説します。

dカードシリーズを持ちたいけれどどちらが良いか迷っている、という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

dカードとdカードGOLDどっちがお得?

疑問点がある女性

dカードとdカードGOLDを選ぶ際に大きなカギとなるのが「ドコモユーザーかどうか」「年間利用額が100万円以上か」です。ドコモユーザーであればdカードGOLD一択、そうでなければ、年間利用額が大きくない場合には、基本的にはdカードで十分お得と言えます。

ドコモユーザーならdカードGOLD一択!

dカードGOLDなら、ドコモのケータイ・光回線にカード紐づけさえしておけば、ドコモ料金の10%がdポイントとして還元されます。

ケータイ料金の10%がポイント還元される

たとえば、年間10万円のドコモ料金を支払っている方であれば、ポイント還元は1万ポイントに。これだけで、年会費のもとがとれます。家族でドコモを使っている方なら、さらにポイントがどんどん貯まりますので、非常にお得です。

実質年会費無料で豪華な特典のゴールドカードが利用できますので、ドコモユーザーならdカードGOLDがおすすめと言えます。

dカードGOLDなら年間支払い100万円以上でクーポン特典あり

dカードGOLDなら、年間支払額が100万円以上で、dカードGOLD年間利用額特典が付帯します。簡単に言えば、下記のジャンルのドコモ系サイトで利用できる1万円以上(年間利用額により変動)のクーポンがプレゼントされます。

・グルメ
・ファッション
・旅行
・ケータイ購入割引
・ネットショッピング

いずれも日常的に利用するサービスですので、使いやすいと言えます。ドコモユーザーでなくとも、年間100万円以上利用する方なら、実質年会費無料で「dカードGOLD」が利用できてお得です。

メインカードにすれば年会費の元は取りやすい

年間100万円と聞くと大きな金額に思えるかもしれませんが、ひと月あたりに直すと84,000円以上でOK。通信費、光熱費や食費、その他日用品などをカード払いすればあっという間に到達する金額でもあります。

メインカードとしてお得なカードを考えている方は、ドコモユーザーでなくても簡単に実質年会費無料で「dカードGOLD」を利用できますよ。

dカードとdカードGOLD、スペックの違いを比較

dカードとdカードGOLDを比較

dカードとdカードGOLDのスペックの違いを徹底比較してみました。

特徴的な違いを表にまとめると、以下の通りです。それぞれの項目について、詳しく見ていきましょう。

dカード・dカードGOLDの違い

カード名称 dカード dカードGOLD
年会費 永年無料 1万円
ポイント還元率(通常) 1.0% 1.0%
ポイント還元率(ドコモ利用時) 還元なし 10%(紐づけのみ、支払いは還元なし)
ドコモケータイ補償 最大1万円 最大10万円
家族カード 無料 1枚目無料(2枚目以降1,000円)
ETCカード 500円(年に1回の利用で無料) 無料
お買い物あんしん保険 年間100万円 年間300万円

年会費

年会費は、dカードが永年無料、dカードGOLDが1万円となっています。年会費だけで比較すると、圧倒的にdカードが有利です。

年会費は永年無料のdカードが圧倒的に有利

はっきり言って、ドコモ利用の10%還元がなければ、dカードGOLDの年会費は決して安いとは言えません。とにかく年会費が安くdポイントをお得に貯められるカードを狙うなら、dカード一択です。

ポイント還元率

ポイント還元率をdカード、dカードGOLDで比較すると、以下の通りです。大きな違いは「ドコモアカウントの紐づけ」によって、dカードGOLDのみ10%還元される点。その他は同等です。

dカード/dカードGOLDのポイント還元率

カード名称 dカード dカードGOLD
普段のポイント還元率 1.0% 1.0%
ドコモ料金の紐づけ 還元なし 10%
ドコモ料金支払い 還元なし 還元なし

普段の買い物は両者1.0%還元で違いはなし

まず、普段のポイント還元率を比較してみると、dカード、dカードGOLDともに「1.0%」です。dポイント加盟店では、これに0.5%~1.0%のポイントが上乗せされます。

普段使いという点ではどちらも大きな違いはなく、2枚とも汎用性の高いdポイントをお得に貯められます。

コンビニ等のキャンペーン活用にも大きな差はない

dカードシリーズでは、以前お得だった「ローソン」に変わり「ファミリーマート」がポイントアップ対象に。

2020年12月から2021年2月末まで「ファミリマートでの利用で5%還元」キャンペーンを実施していますが、こういったキャンペーンの多くが「dカード」と「dカードGOLD」の区別なく、どちらも適用されます。ゴールドカードが優遇されるキャンペーンはほとんどありません。

よって、キャンペーンをお得に活用したい方は、どちらのカードでもOKです。

ドコモ利用は10%還元のdカードGOLDがお得

先述の通り、dカードGOLDはドコモのアカウントと紐づけすることで、そのアカウントで利用しているドコモ電話料金、ドコモ光料金の10%がポイント還元されます。

年間10万円ドコモを利用する方であれば、それだけで1万ポイントの還元。年会費のもとがとれます。残念ながら、dカードは紐づけをして特別な還元が得られる特典はありません。

ドコモで年間10万円以上の利用がある方は、dカードGOLDがお得です。

ドコモ料金の直接の支払いはどちらも還元なし

以外かもしれませんが、dカード/dカードGOLDでドコモ料金を支払っても、実はカード利用ポイントは「還元なし」なのです。そのかわりに、dカード割というものがあり、毎月170円の割引が受けられます。

還元なしのかわりにdカード支払いなら毎月170円の割引が受けられる

月々17,000円の利用までなら「1.0%還元以上」ですので、支払いをdカード/dカードGOLDに設定するメリットはあると言えます。それ以上となるのであれば、dカードGOLDを紐づけだけして10%還元は受けつつ、他の高還元率カード(1.0%~)で支払うのが賢いでしょう。

ドコモケータイ補償

ドコモケータイ補償は、ドコモでスマホやケータイ端末を購入した際に、dカード会員が受けられる補償です。紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損等)となってしまい、新たに同一機種・同一カラーの端末をドコモショップで購入する場合に利用できます。

dカードとdカードGOLDの補償内容を比較すると、以下の通りです。

dカード/dカードGOLDのケータイ補償内容

カード名称 dカード dカードGOLD
補償金額 最大1万円 最大10万円
補償期間 購入後1年以内 購入後3年以内

3年間、10万円分まで補償が受けられるdカードGOLD

dカードGOLDの補償は、3年間、10万円分まで受けられます。dカードと比較すると10倍もの金額となっています。

高額なスマホを購入した際は、水濡れなどで修理不能になった際も最高10万円まで補償が受けられるのは心強いと言えますね。

dカードの補償は1万円まで、1年以内のみ

dカードの補償は1年以内のみ、かつ1万円までとなっています。年会費無料のカードとしては破格の条件ですが、dカードGOLDと比較するとやはり弱いと感じてしまうでしょう。

高価な端末を利用し、ドコモをガンガンつかっているような方には、やはり「dカードGOLD」の方がぴったりです。

家族カード

dカードとdカードGOLDの家族カードは「年会費」と「最大発行枚数」に違いがあります。

dカード/dカードGOLDの家族カード

カード名称 dカード dカードGOLD
年会費(家族カード) 無料 1枚目無料(2枚目以降1,000円)
最大発行枚数 2枚 3枚

dカードは2枚まで発行可能、永年無料

dカードは最大枚数が2枚。dカードGOLDよりも少ないものの、無料で2枚も発行できれば便利です。

dカードGOLDは1枚目無料、2枚目以降1,000円で発行

dカードGOLDの方は、1枚目は無料ですが、2枚目以降は1,000円の年会費がかかります。とはいえ、ゴールドカードと同じ特典を1,000円で利用できるのは格安ですから、決して高いとは言えないでしょう。

ドコモ会員であればなおさら、10%還元を加味すると、年会費を支払ってもおつりがくるほどのお得度です。

ETCカード

dカード/dカードGOLDのETCカードの条件は、以下の通りです。

  1. dカード…初年度無料(2年目以降1回でも前年に利用があれば無料)
  2. dカードGOLD…無料(条件なし)

dカードはETC利用がないと年会費がかかる

dカードは、前年に1回でも利用があればETCカード年会費無料ですが、利用がなければ500円かかります。発行するからには使う方ばかりだと思いますので「実質無料」と言えますが、念のために発行しておく……という使い方をすると損をするのでご注意ください。

dカードGOLDは条件なしでETCカード永年無料

一方、dカードGOLDは、発行して1度も使わなくてもETC年会費が「無料」です。

dカードの場合は、使わないのに発行するのは損ですが、dカードGOLDであれば「念のための発行」というのもアリでしょう。

お買い物あんしん保険

お買い物あんしん保険は、dカード/dカードGOLDで購入したものが、購入日含め90日以内に盗難などの偶然な事故によって損害を受けた場合に補償が適用されます。

それぞれのカードの補償金額・条件を表にまとめてみました。

dカード/dカードGOLDお買い物あんしん保険の内容

カード名称 dカード dカードGOLD
保険金額 100万円/年 300万円/年
適用条件 dカードで対象の品物を購入すること。
・国内の場合…リボ払い又は3回以上の分割払い
・海外の場合…すべての支払い方法
dカードGOLDで対象の品物を購入すること。

dカードは100万円まで、国内での利用に条件あり

dカードの場合は、国内での利用はどの商品でも適用されるのではなく、

・リボ払い
・3回以上の分割払い

といった、金利が発生する支払い方法を利用した場のみ適用されます。よって、一括払いで購入した商品はすべて対象外です。ご注意ください。

dカードGOLDは支払い条件なしで最高300万円補償

dカードGOLDの場合は、国内・海外利用問わず支払い条件「なし」で最高300万円までの補償が受けられます。

買い物に安心の補償を気軽に付帯したい方には、dカードGOLDの方が向いていると言えるでしょう。ただし、お買物あんしん補償目的「のみ」でdカードGOLDを選ぶのであれば、むしろdカードで分割手数料を払って補償適用させた方がお得なケースもあります。

どちらがお得かは、ひとつの要素にこだわらずに総合して比較しましょう。

dカードGOLDは限定の特典6つがお得

dカードGOLD限定特典

dカードGOLDには、dカードには付帯しない、以下の限定の特典が6つあります。

POINT

  • dカードGOLDデスク
  • 空港ラウンジ
  • 最高10万円のケータイ補償
  • 年間100万円以上でもらえる「年間利用額特典」
  • dポイントクラブ優待
  • 旅行傷害保険

dカードGOLDデスク

dカードGOLDデスクは、dカードGOLDユーザー専用のカードデスク。音声ガイダンスではなく、専門スタッフがdカードGOLDに関する疑問や困りごとなどに丁寧に対応してくれる、便利なサービスです。

・サービス内容の確認
・登録情報の変更
・利用明細書の発行・郵送・停止等
・解約
・カードの紛失・盗難
・キャッシングサービスや分割払いなど
・ポイントに関する問い合わせ
・iD、アップルペイ、おサイフケータイ等に関する問い合わせ

以上のように、特典やサービス内容、カードに関する疑問などがあれば、気軽に相談可能です。カード関連で困ったことがあった際は、とにかくこちらへ電話すれば大抵のことは解決しますよ。

空港ラウンジ

空港ラウンジは、dカードGOLD限定の特典です。

サービス内容としては、航空機の搭乗前の待ち時間をゆったりと「ラウンジスペース」で過ごせるというものです。dカードGOLD会員は無料で、

・当日の航空機チケットの半券
・dカードGOLDの提示

以上の条件さえ満たせば、国内・ハワイの指定ラウンジを利用できます。もちろん、家族カードも同様。

30か所以上の対象ラウンジで出発前の時間をゆったり過ごせる

空港ラウンジ(カードラウンジ)で提供されている主なサービスは、以下の通り。場所によっては雑誌など別のサービスを提供しているところもあります。

・くつろげるチェア
・デスクスペース
・ソフトドリンク
・ちょっとしたおつまみ など

旅行好き、もしくはビジネスシーンで空港ラウンジを利用する方なら持っておいて損はありません。

最高10万円のケータイ補償

1万円までのケータイ補償はdカードでも付帯しますが、

・最高10万円
・購入から3年まで補償

といった手厚い補償がつくのは、dカードGOLDのみ。高額なスマホ端末を利用する方であれば、つけておいて損はありません。

水濡れや全損を保証してもらえるので、アップルケア等に加入の必要なし

iPhoneはアップルケアに加入する方も多いですが、こちらの補償がついていれば、基本的には有料でアップルケアに加入する必要もほとんどありません(そのかわり、加入しないと軽微な修理は実費になります)。

実際に、筆者はアップルケアを利用せず、ケータイ補償を活用しています。水濡れや全損時にしっかり補償してもらえるのは心強いですね。

年間100万円以上でもらえる「年間利用額特典」

年間利用額特典とは、dカードGOLDを年間100万円、もしくは200万円以上の利用で、ドコモグループのサービスで使える特別なクーポンがもらえる特典。

年間利用額特典の条件

・年間100万円以上利用……1万円相当のクーポン
・年間200万円以上利用……2万円相当のクーポン

dデリバリーやdショッピング、dトラベル、dファッション、はたまたメルカリといったドコモと関係の深いサービスで利用できるため、好みによって使い先を選べます。年間利用額が多い方ですと、ドコモユーザーでなくてもお得です。

dポイントクラブ優待

dポイントクラブ優待とは、ドコモのスマホ・携帯料金、もしくはドコモ光を利用しているアカウントとdカードGOLDを紐づけすると、ドコモ料金の10%がdポイントとして還元される優待のこと。もちろん、dカードGOLD限定の特典です。

ドコモ料金の10%がポイント還元される特典

たとえば、月々1万円のドコモ利用料金があったとすると、12か月で12,000ポイント(12,000円相当)。それだけで年会費以上のポイントバックがあります。

ドコモを家族で利用している方なら、1万円以上はすぐに到達する金額ですので、この特典だけでドコモユーザーにとって「持つ価値がある」と言えます。

旅行傷害保険

dカードGOLDには、国内・海外旅行傷害保険が付帯します。

・国内旅行傷害保険……最高5,000万円
・海外旅行傷害保険……最高1億円

内容はゴールドカードの中でも手厚く、プラチナカード級。さらに、「航空便遅延特約」が国内外ともについてくるのは嬉しいですね。

海外旅行時などは有料保険に加入するのが一般的ですが、dカードGOLDを持っていれば海外でよく使う「傷害・疾病治療費」も300万円まで補償。有料旅行保険の金額を軽減できるのがメリットです。

特に、医療費の安い地域であれば、ちょっとした病気・怪我ならカード保険でまかなえる可能性が高いため、役立つでしょう。

dカードGOLDはこんな人に向いている

年会費
(初年度)
11,000円+税 年会費
(2年目)
11,000円+税
還元率 1.00%〜10.0%  発行日数 最短5営業日

入会限定キャンペーン

新規ご入会&エントリー&ご利用条件クリアで、今だけ合計最大13,000円相当分のポイントプレゼント!


dカードGOLDがおすすめなのは、以下の条件に合う方です。一つでも当てはまる方は、dカードよりもdカードGOLDがおすすめです。

  1. ドコモユーザー
  2. 年間100万円以上カード決済を行う
  3. 国内・海外旅行によく行く

ドコモユーザー

dカードGOLDをまずおすすめしたいのは、ドコモユーザーです。ドコモユーザーであれば、ドコモ利用料金(スマホ通信料、ドコモ光料金等の10%が還元され、非常にお得です。

新料金プラン「ahamo」はポイント還元対象外の可能性

ただし、2021年3月からスタートする新料金プラン「ahamo」でのdカード周りの還元は検討中とのことなので、場合によっては10%還元が受けられない可能性も。

今後発表されるプランによっては対応外ということもありますので、自分が利用するプランできちんと還元が受けられるかは確認をしておきましょう。

年間100万円以上カード決済を行う

年間100万円以上カード決済を行うのであれば、それだけでドコモが運営する各種サービスで使える1万円以上のクーポンがもらえます。よって、ドコモユーザーではなくとも、年間100万円以上の利用があり、かつ

・デリバリーグルメ
・旅行
・ファッション
・ネットショッピング
・メルカリ

等に興味がある方であれば、年会費以上の価値あるカードと言えます。

国内・海外旅行によく行く

国内・海外旅行によく行く方にとっては、旅行保険の付帯する「dカードGOLD」はおすすめです。特に、海外旅行保険は数あるゴールドカードの中でも手厚い内容となっており、旅行時に安心を添えてくれます。

空港ラウンジサービスもしっかり付帯しておりますので、航空機を利用した旅行が多めの方なら、活用しやすいカードです。

dカードはこんな人に向いている

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%〜5.0% 発行日数 最短5営業日

入会限定キャンペーン

新規ご入会&エントリー&ご利用条件クリアで、もれなく最大8,000円相当分プレゼント


dカードがおすすめなのは、以下の条件に合う方です。

  1. ドコモケータイ・光を契約していない
  2. 年会費無料でポイント還元率が高いカードを利用したい
  3. コンビニでのポイント還元にこだわりたい

ドコモケータイ・光を契約していない

ドコモケータイやドコモ光を契約している方は、断然dカードGOLDがおすすめです。逆に、ドコモケータイや光等のドコモサービスを利用しない方であれば、年会費がお得なdカードがおすすめです。

年会費無料でポイント還元率が高いカードを利用したい

年会費無料でポイント還元率が高いクレジットカードを利用したい、という純粋に「お得」を求める方には「dカード」がおすすめ。

汎用性の高い共通ポイント「dポイント」が常時1.0%以上の還元率で貯められるのはdカードシリーズだけです。さらに、年会費永年無料なので、コストは一切かからず、お得だけを享受できるのが大きなメリットです。

コンビニでのポイント還元にこだわりたい

dカードGOLDでも同様な特典が利用できますが、dカードシリーズは2021年2月末まで「ファミリーマート」で利用すると5%還元のキャンペーンを実施しています。

以前は「ローソン」を対象に5%お得になるキャンペーンを実施していたことを加味すると、dカードは常に「コンビニでお得」なキャンペーンは実施していくだろうと推測できます。

よって、コンビニでお得なカードを利用したい方にも、dカードはおすすめできます。

まとめ

dカードかdカードGOLDかは「ドコモユーザー」か否かが大きな決め手

dカードとdカードGOLDどちらを利用しようか迷う方も多いと思いますが、最も大きな決め手となるのは「ドコモユーザーかどうか」だと言えます。dカードGOLDは基本的にドコモユーザー優遇な特典構成となっており、逆にドコモユーザーでなくては使えないお得な特典もあります。

どちらもメリット・デメリットがありますので、よくスペックや特徴を比較し、自分のスマホのキャリア、年間利用額などを加味しながら、よりライフスタイルに合っているカードを選びましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内