アメックスの家電総合補償制度とは?

更新:2020年7月7日

様々な種類の家電製品

家電を購入した際には、保証が延長される量販店独自の長期保証への加入を勧められた経験のある方も多いのではないでしょうか。家電の「万が一」の事態に備えておける保険を、手軽にかけておけたら嬉しいですよね。

世界でも高いステータスを誇る、アメックスが発行するクレジットカードには、家電の故障・盗難等に備えられる「家電総合補償制度」があります。家電総合補償制度は、家電が壊れてしまった場合に保険金が受け取れる家電に特化した保険。

この記事では、アメックスの家電総合補償制度について詳しく解説しています。家電の修理の負担を少しでも軽くしたい、アメックスの家電総合補償制度について詳しく知りたい、という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アメックスの家電総合補償制度とは?

虫眼鏡と家

メーカー保証1年の家電の故障・破損・盗難を補償してくれる保険

アメックスの家電総合補償制度とは、メーカー保証期間が1年間の家電製品における故障や破損、盗難を補償してくれる保険のこと。

アメックスの家電総合補償制度の特徴は、以下の通りです。

POINT

アメックス家電総合補償制度の特徴

  • 自然故障のみでなく損害も補償
  • 以前から所有している家電も補償対象
  • 家電購入毎に申し込みをする必要がない

1.自然故障のみでなく損害も補償

アメックス家電総合補償制度は、自然故障だけでなく損害(破損や盗難)においても、しっかり補償が受けられます。

家電の保証の多くは自然故障のみとなっているケースが多く、水濡れによる故障や、落としたり、倒したりしてしまった場合などは、補償の対象外。

しかし、実際には自然故障よりも、破損による損害のほうが補償をうけたいところですよね。

アメックスの家電総合補償制度は、過失よる故障においても補償が受けられる、充実した内容となっています。

2.以前から所有している家電も補償対象

補償対象となる家電は、保険加入後に購入した家電に限りません。以前から保有している家電、また、アメックス以外のカードや現金で支払いをした家電も、しっかり補償が受けられます。

家電総合補償制度は、条件さえあえばカード会員が所有する家電全てが補償対象となる、嬉しい保険です。

3.家電購入毎に申し込みをする必要がない

アメックスの家電総合補償制度は、家電を購入するたびに申し込みをする必要がありません。

一度加入すれば、年間の保険料を支払うだけで所有している家電全ての補償が受けられるようになります。

また、保険適用は、申し込み翌日から開始となり、加入受付日の翌営業日午前0時より補償が開始されます。

家電総合補償制度とショッピング保険(ショッピング・プロテクション)との違い

ショッピングカート

両保険は補償対象、補償期間、保険適用条件に大きな違いがある

家電総合補償制度とショッピング保険は、全く別の保険です。補償対象、補償期間、保険適用条件のそれぞれに大きな違いがあります。

  1. 家電総合補償制度は家電に特化した長期の保険
  2. 家電総合補償制度はアメックス以外で購入した家電も対象となる

1.家電総合補償制度は家電に特化した長期の保険

家電総合補償制度は、家電に特化した保険であり、家電のみが対象かつ、メーカー保証終了後3~5年補償される保険で、年間上限金額は20~50万円となっています。ショッピング保険と異なり、「故障」も対象となっています。

ショッピング保険はカード購入商品の破損・盗難を短期間補償する制度

一方、ショッピング保険は、アメックスカードで購入した商品において、破損や盗難にあった場合に、購入日より90日間、年間最高500万円まで補償される制度です。

対象となるものは家電総合補償制度よりも多いですが、期間が短く、故障は対象になりません。

2.家電総合補償制度はアメックス以外で購入した家電も対象となる

家電総合補償制度では、アメックスカード決済の有無に関係なく、カード会員が保有する家電の全てが対象となっています。

そのため、現金払いや他社クレジットカードで決済により購入した家電も、補償が受けられます。

ショッピング保険はアメックスでの購入品のみ適用される

一方で、ショッピング保険を利用する場合、アメックスカードでの決済が保険適用条件となっています。

家電の故障に備えるのであれば、家電総合補償制度の方が、賢くお得な保険と言えるでしょう。

アメックスの家電総合補償制度の補償内容

クレジットカードの付帯保険

アメックスの家電総合補償制度には、年額2,900円コースと年額7,000円コースの2種類があります。

補償内容を表にまとめると、以下の通りです。

2,900円コースと7,000円コースの補償内容

  2,900円コース 7,000円コース
補償対象となる家電 メーカー保証期間が1年間の家電製品
補償対象となる事故 電気的・機械的事故(自然故障)
破損・盗難などの不測かつ突発的な事故
補償対象 故障補償 購入後3年(メーカー保証期間終了から2年)以内 購入後5年(メーカー保証期間終了から4年)以内
損害補償 カード会員が所有している家電製
年間補償限度額
(故障補償・損害補償の合計)
20万円 50万円
補償適用条件 修理費用または損害額が10,000円を超えた場合 修理費用または損害額が5,000円を超えた場合
保険責任期間 1年間 1年間
年間保険料 2,900円(年払い) 7,000円(年払い)

各コースでは補償の「自然故障補償の適用期間・限度額・適用条件(金額)」が異なる

補償が受けられる条件は基本的には同じですが、2,900円コースと7,000円コースでは、

・対象となる家電の補償期間
・年間補償限度額
・補償の適用条件

に違いがあります。

また、各コースの受け取り保険金額を表にまとめると、以下の通りです。

各コースの受け取り保険金額

  2,900円コース 7,000円コース
購入後の経過期間 故障補償 損害補償 故障補償 損害補償
購入日から6ヶ月 なし 購入金額の100% なし 購入金額の100%
6ヶ月から1年 なし 購入金額の90% なし 購入金額の90%
1年以上2年以内 購入金額の80% 購入金額の80%
2年以上3年以内 購入金額の70% 購入金額の70%
3年以上4年以内 なし 購入金額の60% 購入金額の60%
4年以上5年以内 なし 購入金額の50% 購入金額の50%
5年以上 なし なし 購入金額の50%

3年まではコースごとの補償金額は同じ

各コース1年以内の自然故障はメーカー対応です。また、3年以内であれば故障補償・損害補償のどちらにおいても、受け取れる保険金額の割合は同じとなっています。

3年を超える期間で「自然故障」補償が受けられるのは7,000円コースのみ

3年を超えると、2,900円コースでは故障補償が受けられなくなります。7,000円コースでは、5年目まで故障・損害のどちらも補償対象となり、購入金額の半分の保険金の受け取りが可能。

長期で手厚い補償が受けたいなら7,000円コースがおすすめ

年間保険料は7,000円コースの方が高くなるものの、2,900円コースより補償が受けやすくなっているのが特徴です。購入時期から時間が経てば、当然自然故障のリスクも高くなっていきますよね。

よって、損害はもちろん、自然故障にも備えておきたいという方は、7,000円コース、家電の故障に備えたいが保険料は抑えておきたい、という方には2,900円コースがおすすめです。

ご自宅にある家電や希望する補償内容を比較し、自分にあったコースを選択して、家電の故障に備えましょう。

アメックスの家電総合補償制度の対象カード

アメックスの家電総合補償制度が利用できるカードは、アメックスのプロパーカード・公式提携カードとなっています。一例を挙げると、以下の通りです。

POINT

家電総合補償制度が利用できる対象カード

・アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
・ANA アメリカン・エキスプレス・カード
・ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
・ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
・スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメリカン・エキスプレス・カード)
・アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
・アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
・ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード

上記カードを保有するカード会員であれば、家電総合補償制度への加入が可能となります。

なお、家電総合補償制度は、自動付帯ではないため、別途申し込みが必要です。加入したい場合は、早めに申し込みをしましょう。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードにはホームウェア・プロテクションが自動付帯

また、アメックスの上位カードであるアメックス・プラチナ・カードには、家電総合補償制度の7,000円コースと同等の補償が受けられる「ホームウェア・プロテクション」が自動付帯しています。

アメックス・プラチナ・カードなら、保険料の負担なく、充実の家電補償が受けられますので、最初から家電補償をつけたい方はアメックス・プラチナも検討してみてください。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

年会費
(初年度)
130,000円+税 年会費
(2年目)
130,000円+税
還元率 0.4% 発行日数 2週間~3週間程度

入会限定キャンペーン

入会後3ヶ月以内のカード利用で合計40,000ボーナスポイント獲得可能

アメックスの家電総合補償制度を申し込むメリット

ノートパソコンの前でピースする女性

アメックスの家電総合補償制度を申し込むメリットは、以下の通りです。

POINT

アメックスの家電総合補償制度を申し込むメリット

  • 損害補償ならほかのクレジットカードで支払っても適用になる
  • 個別で電量販店での保険に入るよりも安くなるケースがある
  • 家電商品を購入してからの加入でも対象になる家電量販店での保険に入るよりも安くなるケースがある
  • 家電商品を購入してからの加入でも対象になる

1.損害補償ならほかのクレジットカードで支払っても適用になる

アメックスの家電総合補償制度は故障補償と損害補償の2つの補償項目があります。

故障に関する補償は、アメックスカードで購入したものに限定されていますが、損害補償は他社クレジットカードで購入したものでも補償対象になります。

例えば、アメックスカード保有以前に購入した家電が破損・盗難にあった場合でも、条件さえあれば補償が植えられるということです。

一般的にクレジットカードに付帯する保険を利用する場合には、クレジットカードの利用が必須条件となっていますが、他社カードで購入した家電でも補償が受けられるのは、大きなメリットですね。

2.個別で家電量販店での保険に入るよりも安くなるケースがある

アメックスの家電総合補償制度は、年間保険料がリーズナブルな設定となっているため、家電量販店で家電ごとに長期保証へ加入するよりも安くなるケースもあります。

家電量販店では家電ひとつにつき5,000円以上の保険料が必要なケースも

例えば、大手家電量販店であるヤマダ電機の有料補償の保険料は、商品購入代金の5%(税込33,000円以下の場合は税込1,100円)です。ヤマダ電機で10万円のパソコンを購入した場合、パソコンひとつで保険料は5,000円。

しかし、アメックスの家電総合補償制度なら、2,900円で複数の家電の補償が受けられます。購入家電ひとつずつ個別に保険に加入する場合と比べると、アメックスの家電総合補償制度へ加入する方がお得ですね。

3.家電商品を購入してからの加入でも対象になる

アメックスの家電総合補償制度は、保険加入前に購入した家電についても補償対象期間であれば補償対象となります。

例えば、家電総合補償制度に加入したが、3年前に購入したパソコンが壊れてしまった……という場合でも、損害補償が受けられます。

家電総合補償加入前に購入した家電でも、しっかり補償が受けられるのは大きなメリットですね。

アメックスの家電総合補償制度の申し込み・利用方法

マグカップ片手にノートPCをいじる女性

ここでは、アメックスの家電総合補償制度の保険への「申し込み手順」と「補償を受けたい場合の手順」をそれぞれ解説します。

家電総合補償制度の利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

POINT

アメックスの家電総合補償制度の利用方法

  • 最初の申込手順
  • 実際に補償を受けたいときの手順

1.最初の申込手順

アメックスの家電総合補償制度に加入する場合の手順は以下の通りです。

  1. アメリカン・エキスプレスメンバーシップ保険デスクへ電話をする
  2. 家電総合補償制度へ加入したい旨を伝える
  3. 申込書が送付される
  4. 必要事項を記入の上返送する
  5. 申し込み完了

アメックスの家電総合補償制度への入会は、郵送による申し込みとなっています。メンバーシップ保険デスクへ電話をし、申し込み書類を送ってもらいましょう。

<アメリカン・エキスプレス メンバーシップ保険デスク>
・0120-020-345 通話料無料
・平日9:00~17:00(土日祝休み)

2.実際に補償を受けたいときの手順

ここでは、実際にアメックスの家電総合補償制度を利用した方の口コミをもとに、家電故障時の補償を受ける手順を解説しています。

家電が壊れてしまった際に、家電総合補償制度を利用する手順は以下の通りです。

  1. アメリカン・エキスプレス メンバーシップ保険デスクへ申し込みをする
  2. 家電メーカーにて修理見積もりの依頼をする
  3. 見積書の発行
  4. 保険金請求書類に記入および必要書類の用意
  5. 書類の返送

上記5つの手順で補償制度の利用ができます。しかし、故障した家電や状況により手順が異なるケースがありますので、実際に補償を受ける場合には、しっかりアメックスへ確認し、手続きをしてくださいね。

申し込み時にはアメックスの会員情報が必要となるため、手元にカードを用意しておくとスムーズです。

補償を受ける際には、メーカー保証書や領収書等が必要

家電総合補償制度を利用するにあたり、家電が補償対象であることを証明できる書類を提出する必要があります。

補償を受ける際に必要となる基本的な書類は以下の通りです。

POINT

家電補償制度を受けるために必要となる基本的な書類

  • メーカー保証書
  • 購入証明書(購入日・購入金額・販売店名)
  • カード売上票や領収書(自然故障の場合必須)
  • 修理見積もり書

自然故障補償に限り、アメックスカードでの支払いが条件となっているため、カード売上票が必須となります。

自然故障・損害補償のどちらにおいても、購入時のレシートやメーカー保証書が必要となるため、保証書・レシート類を紛失しないよう、しっかり保管・管理しておきましょう。

必要書類はリストで送られてくる

申し込み後に送られてくる保険金請求書とともに「必要書類リスト」が同封されてきます。故障した家電や、請求内容により必要書類が異なるため、リストをもとに一つずつ確認し準備しましょう。

書類郵送後に、保険金支払いの案内が郵送されてきます。保険金額と振込予定日が記載されていますので、確認しておきましょう。

アメックスの家電総合補償制度利用時の注意点

注意点を示している女性

家電総合補償制度を利用する際には、気をつけておきたい注意点があります。補償を受けられなかった、などとならないよう、利用前に注意点も把握しておきましょう。

POINT

アメックスの家電総合補償制度利用時の注意点

  • 自然故障はアメックスで支払った場合のみ補償となる
  • 補償の対象外となる家電製品もある
  • カード売上票や領収書がないと補償されない
  • メーカー保証が「半年」や「2年」では補償の対象外となる

1.自然故障はアメックスで支払った場合のみ補償となる

自然故障の補償対象は、アメックスで支払った場合に限定されています。そのため、アメックス以外のクレジットカードや現金払いで購入した家電が自然故障した場合には、補償が受けられません。

2.補償の対象外となる家電製品もある

家電製品のなかには、補償の対象外となるものもあります。

<補償対象外となる家電一例>
・携帯電話・PHS等の携帯通信機器
・国内で修理不可能なもの、製品本体の付属機器(コードやバッテリーなど)
・ソーラーシステム
・時計

スマホ・携帯電話も補償対象外な点に注意

よく破損する「スマホ・携帯電話」も補償の対象外となっています。ご注意ください。

詳しくは、アメックス公式ホームページをご覧ください。

参考リンク:アメックス公式ホームページ|家電総合補償制度

アメックスの家電総合補償制度は数多くの家電が補償対象となっていますが、全てではない点には注意が必要です。

保険を利用する前に、対象外の家電を把握しておきましょう。

3.カード売上票や領収書がないと補償されない

自然故障での補償を受ける際には、アメックスで購入したことが証明できるカード売上票や、領収書が必要。また、損害補償においても、購入を証明できる書類の提出が必要となります。

家電を購入した際のレシートや領収書などは、しっかり管理・保管しておきましょう。

4.メーカー保証が「半年」や「2年」では補償の対象外となる

家電総合補償制度は、メーカー保証期間が「1年」のものに限り補償の対象となっています。メーカー保証が「半年」や「2年」となっている家電は、対象外となるため、補償が受けられません。

家電総合補償制度を利用したい方は、家電ごとのメーカー保証期間を確認しておきましょう。

家電保証が使えるおすすめのアメックスカード

ここでは、家電総合保証制度に加入できるおすすめのアメックスカードをご紹介します。

家電総合保証制度への加入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)

年会費
(初年度)
12,000円+税 年会費
(2年目)
12,000円+税
還元率 0.4%〜1.0% 発行日数 最短15営業日

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)は、通称アメックスグリーンと呼ばれる、アメックスが発行するスタンダードなクレジットカードです。

入会限定キャンペーン

アメリカン・エキスプレス・カードご入会キャンペーン!新規入会&利用条件クリアで合計10,000ポイント獲得可能

スタンダードカードとしては高額な年会費ですが、世界に認められる高いステータス性と、ゴールドカード級と言われる充実の付帯特典やサービスが揃う、年会費以上の価値のある1枚です。

アメックスグリーンならお得に家電総合補償制度に加入できる

アメックスグリーンは、アメックスカードの中では、一番リーズナブルなクレジットカード。充実した特典やサービスをお得に利用できるだけでなく、お得に家電に保険をかけられます。

自宅にある家電の故障に賢く備えるのであれば、アメックスグリーンの活用がおすすめ。家電ごとに長期保証へ加入するよりも、はるかにお得に充実した補償が受けられますよ。

アメックスグリーンは、スタンダードカードでありながら、家電総合補償制度の利用に加え、充実した付帯サービスや保険が付帯する、コストパフォーマンスの高いおすすめの1枚です。

2.アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

年会費
(初年度)
29,000円+税 年会費
(2年目)
29,000円+税
還元率 0.33%〜0.40% 発行日数 約3週間

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメリカン・エキスプレスが発行するゴールドカード。

入会限定キャンペーン

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードご入会キャンペーン!新規ご入会&ご利用条件クリアで合計20,000ポイント獲得可能!

一般的なゴールドカードよりもステータスが高く、富裕層にも人気の高い、ハイステータスカードの代表格です。

年会費は他社ゴールドカードと比べ高額ではありますが、上質な付帯特典やサービスが充実しており、年会費以上のベネフィットが受けられます。

充実した特典やサービス利用に加え、家電の故障にもしっかり備えられる

家電総合補償制度へ加入すれば、保険の充実度はより高くなり、カード利用の有無に限らず、自宅の家電のトラブルもしっかり補償されるようになります。

アメックスゴールドは、国内・海外において、上質かつラグジュアリーなサービスが受けられるだけでなく、家電までしっかり補償が受けられる、おすすめの1枚です。

アメックスの家電総合補償制度で安心の家電ライフを

アメックスの家電総合補償制度は、カード会員が保有する家電の故障・損害において、補償が受けられる優秀な保険。年間の保険料を支払うだけで、条件に合う家電はすべて補償対象となります。

補償を受ける際には、

・カード売上票や領収書
・メーカー保証書
・購入証明書

が必要となりますので、家電購入時のレシートなどは、しっかり保管・管理しておきましょう。

家電は高額なものも多く、故障した場合の修理費は高くなるケースも数多くあります。

いつ壊れるかわからない家電の故障に備えておきたい、という方は、アメックスの家電総合補償制度への加入を検討してみてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内